新規開拓によりUS$190ほどの収入増

(最終チェック・修正日 2017年03月30日)

今年になって新規に独日翻訳者兼チェッカーとして登録した翻訳会社は、所在地がアメリカである。
日本支社もあるのだが、翻訳料金の計算はアメリカドル建てである。

実際の料金は、Tradosの解析結果に応じて割引されてしまうが、100%マッチでもワード当たり0.0165ドルもらえる。
100%マッチであっても、修正が必要かどうか最終的に確認する必要があるので、わずかでももらえるのはうれしい。

日本円に換算して、日本支社から日本国内の銀行口座に振り込む準備をしているとのことだったが、すぐには実現できないとのことで、しばらくはアメリカドルで受け取ることになった。

最初に受けた案件は、トラックバック記事にあるように、約1200ワードの案件で、約134ドルの料金だった。

続けて依頼があったが、他社案件が忙しかったので、これは断ってしまった。
来月までないと思っていたが、300ワード前後の短い案件の依頼が2つあった。
内容を見るとそれほど負担にならないと思われたので、両方とも受注した。

この3件で今月は、約190ドルの収入増となった。
青色申告の帳簿は、日本円で記入するため、請求書を作成した時点の為替レートで換算して、この売上を売掛金として処理する。
そしてアメリカドルで入金後、日本円に両替して受け取ったときに、その両替時の為替レートでの損益も帳簿に記載することになるだろう。

ただし、このアメリカドルの受け取り方法について、少々悩んでいる。


今年になってから応募した独日翻訳者のトライアルに合格した翻訳会社について、今月初めに登録用の書類を提出した。登録しても、すぐには仕事が来ないことが多いため、早くても来月かと思っていた。すると先週末、土曜日の朝に、独日翻訳の打診メールが届いた。他社案件の作業中なので、少し迷ったが、約1200ワードと少なめだったことと、今後の取引のためにも受注することにした。内容は、自動車関係のプレスリリースとしか言えな...
新規登録した翻訳会社から初めての独日翻訳を受注した

このアメリカの翻訳会社から受け取るために、PayPalに登録した。
そしてPayPalに入金した翻訳料金を引き出すときは、私は日本に住んでいるので、日本の銀行の日本円の口座のみが利用可能だという。
日本の銀行でアメリカドルの外貨預金口座を持っていても、アメリカドルでは受け取れないとのことだ。

日本円に換算して引き出すにしても、5万円未満だと手数料がかかるそうだ。
190ドルだから、レートを1ドル/110円とすると、約2万円なので、これでは手数料分がもったいない。

ということで、500ドルくらい貯まるまで半年くらい待ってから、しかも円安になってから引き出すことにしようか。

PayPalからアメリカドルのままで引き出すためには、アメリカで銀行口座を開設する必要があるそうだ。
三菱東京UFJ銀行では、ユニオンバンクのカリフォルニア州の支店での口座開設を仲介している。
www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/index.html

このカリフォルニアアカウント・プログラムで口座開設して、アメリカドルで受け取ろうかと思ったが、月末残高が300ドル未満では、月4ドルの口座管理手数料を取られてしまう。
だから、あと約110ドル分の仕事をするまでは、口座開設を待たねばならない。

ユニオンバンクで運用するとしても、急に資金が必要になったときに、日本の銀行口座に送金することは面倒だ。
この翻訳会社の仕事はメインにはならないと仮定して、ユニオンバンクにずっと残して、金利上昇の恩恵を受けることにしようか。
それともやはり、PayPalに500ドルくらいたまってから日本円に両替しようか。
5月の連休中にでも考えてみよう。

追記(3月30日):
いろいろと悩んで損したかもしれない。
その翻訳会社から、日本の銀行の外貨普通預金口座で受け取り可能との返事が来た。

国民年金保険料の支払いのついでに窓口で問い合わせると、個人が外貨を受け取るときは、取扱手数料は無料とのことだった。
ということで、三菱東京UFJ銀行のアメリカドル建て外貨普通預金口座を、1ドル預けて新規開設した。

アメリカドルのまま残す場合であっても、日本の銀行口座にあれば、税務署も納得してくれるかもしれないし。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカドル建ての翻訳料金をPayPalで受け取った

今年3月から取引をしている外国の翻訳会社とは、翻訳料金をアメリカドルで受け取る契約をしている。 契約前は、日本支社から日本円で振り込む予定とのことだったが、その計画は延期となってしまったそうだ。 ということで、アメリカドルで受け取る準備をした。 PayPal に登録したが、入金した翻訳料金を私の銀行口座に移動するときは、日本国内の日本円の銀行口座のみが指定できる。 アメリカド...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR