三洋電機の洗濯機を修理して使う

転居したときに買い替えた家電製品は、寝室用のエアコンと、食器洗い乾燥機であった。
冷蔵庫など使用年数が長いものは、省エネ家電に順次買い替えたいのだが、今は弟への仕送りがあるので、いつまでも予定のままだ。

現在使っているドラム式洗濯乾燥機は、約10年前に購入した三洋電機のアクア(AQ2000)である。
当時、約5年間使っていた東芝のドラム式洗濯乾燥機の調子が悪くなり、オゾンで洗うというアクアに注目して買い替えた。
このときは、ボーナス一括払いができたので、即決した。

東芝の洗濯機では、洗い温度を30℃と60℃の2種類設定できて、タオルはいつも60℃で洗っていた。
三洋のアクアでは、オゾン洗浄という新機能はあるものの、お湯で洗う機能はない。
少し迷ったものの、水洗いしにくいバッグや枕をオゾンで消臭できれば便利なので、買い替えることにした。

そして約10年間使って、不具合による修理は2回経験した。
1回目は購入から3年くらいだったか、オゾン発生器の不具合で交換した。
このときは、家電量販店の保証期間だったので、無料だったと記憶している。

そして今回は、3日前から 「給水できません」 というエラーメッセージが出るようになった。
洗剤ケース側のノズルから出る水量が、約5分の1くらいに減ってしまい、ドラム内に水が貯まるまでに時間がかかり、そのため時間切れでアラームが鳴るのだ。

ということで、通常の点検作業をした。
給水口のフィルターを掃除して、更にノズルに針金を入れて、ごみを取り除いた。

しかし回復せず。
水道水から切り替えて、リサイクル水にしても、風呂水にしても、ノズルから出る水量は変わらない。

ということで、三洋電機のサポートを引き継いだパナソニックに電話して相談した。
AQ2000の部品の在庫があるとのことなので、修理を依頼した。

在庫があったので担当がすぐに決まり、電話の翌日、昼前に作業員が訪問修理をした。
給水バルブの交換のみで、作業時間は15分くらい。

部品の値段は 3,500円で、技術料と出張費が合わせて 11,080円。
2万円以内で済んだので助かった。

弟への仕送りは、最長であと2年半続くので、その間は、冷蔵庫なども含めて故障せずに動いてほしいものだ。
もしものときは、外貨や投資信託を売却して買うことにしよう。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR