このオスの子猫は三毛猫なのだろうか ⇒ 里親は二毛と言っている

(最終チェック・修正日 2017年08月19日)

私の実家の敷地内に、約3か月前に子猫が捨てられていた。
母が草むしりをしているとき、そばに寄ってきて、土の中から出てきたミミズを食べたそうだ。
お腹がすいているのかと思い、母は食べ残した焼き魚を与えたそうだ。
年金暮らしの母に、キャットフードを買うような余裕はないし、トイレなどの躾が面倒なので、飼うつもりはなかったそうだ。

近くの小学生が名前を付け、登下校時に立ち寄ってかわいがっていた。
しかし、猫が嫌いな向かいの人に文句を言われたことと、近所の別の猫が誰かにいじめられて怪我をしたこともあり、キャットフードを差し入れしていた猫好きの人が里親になってくれた。

子猫がいなくなって、小学生は落ち込んでしまい、幼稚園児は泣いてしまった。
ということで、その里親に母が連絡して、子猫の写真を数枚もらってきた。
夏休みが終わって学校が始まったら、その小学生たちに写真を見せて、安心してもらうことにしよう。

そのうちの1枚が下の写真である。
毛の色は、実物を見ていないので正確ではないが、白・黒・茶の3色だろうか。
里親が動物病院に連れて行って、オスであると確認し、去勢手術をしたと聞いている。
つまり、「オスの三毛猫」なのだろうか。


猫

私の実家は、昔からなぜか猫が集まる場所のように思える。野良猫のときもあれば、どこかの飼い猫が移り住んだ場合もある。獣医の父は、乳牛が専門で、野良猫を嫌っていたが、「これはオスだ」だとか、「これはダニが原因だ」などと、家族の質問には答えていた。母が友人から子猫をもらってきたときは、素性がわかっているためか少し関与し、寄生虫の駆除のために、知人に頼んで、注射をする手配もしていた。その猫は、何度も注射し...
実家の敷地内に捨てられていた子猫

白い毛があることは、誰もが認めるだろう。
頭のてっぺんから右目の上にかけて、黒い毛がやや斜めに生えている。
そして、右目の周りを囲む毛は、茶色に見える。
あまりはっきりしないが、背中の毛も茶色の中に黒が混ざっているように見える。

やはり実物を見なければわからないが、もしかすると、白と黒が混ざって、たまたま茶色に見えているだけかもしれない。
三毛猫で茶色の毛と言っても、実際には、オレンジ色に近い茶色ではないだろうか。

母は、その里親に聞いてみると言っていた。
三毛猫でなかったとしても、猫の話題で交流してもらえればそれでかまわないと思う。

追記(8月19日):
里親に聞いてみると、三毛ではなく、二毛とのことだ。
動物病院でも何も指摘がなかったので、三毛猫ではないということでよいだろう。

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR