fc2ブログ

実家で見つかったカトリック広報委員会からの封筒が気になる

実家の小屋の中には、私が中学生のときから大学院を修了するまでの書籍や専門誌のほかに、天体写真や語学教材などが入っている。
古い雑誌やNHK語学講座のテープなどは捨てることにしたが、岩波新書などは古くても需要があるだろうということで、姉が働く福祉団体に引き取ってもらった。
昨日まで1週間、地元のデパートの催事場でバザーをしていたので、もしかすると私の古本が売れたのかもしれない。

もし翻訳の仕事が全くなくて、お金に余裕があれば、私が帰省して整理すればよいのだが、母が片付けると言っているので、時々電話をして、何を残すのか相談しながら進めている。

荷物の山の中から、できれば見つかってほしいものとしては、海外短波放送を聴いていた頃の手紙やカードだ。

インターネットがない時代、海外の情報を得る手段の1つとして、短波ラジオで放送を聴くという方法があった。
中学生のに始めた趣味で、最初は日本語放送ばかり聞いていたが、そのうち、VOAやモスクワ放送などの英語放送を聴くようになった。

放送の受信状態についてレポートを放送局に送ると、ベリカードと呼ばれる受信証明書がもらえた。
このカードを集めるためにも、英語を勉強していたようなものである。

先日見つかったのは、そのカードではなく、差出人が「カトリック広報委員会」という封筒であった。
残念ながら、中身は入っておらず、私が別にファイルしてしまったようだ。
全く記憶にないので、偶然発見されることを待つしかないだろう。

消印を見ると 1986年4月22日で、そのとき私は、既に大学に進学していた。
実家の住所宛だったため、もしかすると、高校生の時にバチカン放送に手紙を送ったことと関係しているのかもしれない。

封筒の裏には、母が以下のように記していた。
カトリックから手紙が来て母は驚いたのか、開封して手紙を読んでしまったそうだ。

【勝手に中味を読みました。
お父さんは人とちがった事を書いたから採用されたのだと云っていますが
お母さんはそうではなく
○○(私の名)の本心が出ているからだと思っています】

今のところ、手がかりはこれだけである。

「人とちがった事を書いたから採用された」 ということから、私がバチカン放送に送った手紙が、カトリックで発行した書籍またはパンフレットに掲載されたのかもしれない。

それは高校1年の冬だったと思う。
その日は部活もなく、そしてバチカン放送日本語番組も、珍しく伝播状況が安定してクリアに受信できた。

そのときのテーマは、「隣人愛」であった。
権威に対する反抗心の塊のような私は、「敵を愛し、悪人を赦しなさい」 という教えに反発した。

姉が障害者ということもあり、差別をする人を赦せず、不正を行う人を赦せなかった私は、受信報告書と共に、「悪人など赦せるわけがない。できないことを勧めるのはおかしい」という趣旨の手紙を送った。

その1か月後、私の手紙が番組で紹介されたそうだが、残念ながら、その日は聴いていなかった。
そしてベリカードと共に、1冊の本がバチカンから送られてきた。
しかし私は、その本を読むことはなく、本棚のどこかに置いたままにして、その後わからなくなってしまった。

バチカン放送に手紙を送ったのは、その1回だけだと思うので、「採用された」 というのは、この隣人愛の教えに反発した手紙かもしれない。

するとバチカン放送で奉仕していた神父やシスターが、3年くらい経ってから本にしたのかもしれない。
カトリック広報委員会からの郵便物とは、その出版の案内だったのかもしれない。

私はプロテスタントだが、これは気になるので、カトリック中央協議会のサイトでオンラインで、出版物について問い合わせをしてみた。
困難な調査かもしれないので、上智大学などの図書館で、1986年前後に発刊されたカトリックの書籍を地道に探すことになるかもしれない。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バチカン放送に関する書籍の有無について女子パウロ会に問い合わせた

私は昨年8月から、専業翻訳者として働いている。 翻訳という仕事は、私の天職なのかどうかはまだわからないが、この世の生活に必要な現金を得るものに過ぎない。 真面目に働く意欲はあるが、翻訳という仕事が、人生のすべてではない。 中学生の頃から考えていることは、私に託されたこの世での使命は何か、という哲学的・宗教的な問題である。 加えて、ダウン症の姉のもとに生まれたこと、大学や会社でパワ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR