FC2ブログ

16世紀のドイツ語を読むために「初期新高ドイツ語小辞典」を購入した

有機化学の研究者だったとき、特に大学ではドイツ語文献を読むことが多く、古いものでは1870年代のものもあった。
綴りが現代と異なる単語や、現在は使わない薬品などもあったが、文法で困ることはなく、内容を把握することができていた。
その後、翻訳で仕事をするようになっても、20世紀以降のドイツ語だけを読んできた。

プロテスタント教会に通うようになって、洗礼を受ける準備を始めたとき、16世紀に書かれた「ハイデルベルク信仰問答」を使って勉強することになった。

実際には和訳を使用するのだが、教会の会員の中には、私が16世紀のドイツ語を自在に読めると信じている人もいる。
ドイツ人でさえ、現代ドイツ語に書き直したものを読んでいるのに、どうして日本人が、16世紀のドイツ語を読まねばらないのだろうか。

そうは言っても、会員から質問があれば、できるだけ調べて回答できるようにしておきたい。
実際に、和訳が正しいのかどうかという質問が、これまでにもあったからだ。

ということで、最近発売された、「初期新高ドイツ語小辞典」(工藤康弘 著、大学書林)を購入した。
www.daigakusyorin.co.jp/book/b360523.html

初期新高ドイツ語は、1350年から1650年とのことなので、ルター聖書もハイデルベルク信仰問答も含まれる年代だ。
小学館の独和大辞典では、古語として掲載されている場合もあるが、それでも載っていない場合があるため、今回の初期新高ドイツ語小辞典を利用することになる。

例えば、ハイデルベルク信仰問答の問1の答では、現代ドイツ語版と16世紀ドイツ語版の両方がある。
www.heidelberger-katechismus.net/8001-0-227-50.html

その中から、形容詞【eigen (人2/人3)所属した】 が使われている部分について引用しておこう。

旧(綴りは現代ドイツ語に準拠):
Dass ich mit Leib und Seele,
beides, im Leben und im Sterben,
nicht mein, sondern meines getreuen
Heilands Jesu Christi2 eigen bin,

わたしがわたし自身のものではなく、
 体も魂も、生きるにも死ぬにも、
 わたしの真実な救い主
 イエス・キリストのものであることです。
(吉田隆 訳、ハイデルベルク信仰問答第2版、新教出版社)

新:
Dass ich mit Leib und Seele
im Leben und im Sterben nicht mir,
sondern meinem getreuen Heiland
Jesus Christus3 gehöre.


現代ドイツ語では、自動詞 【gehören (人3の)所有物である,(人3の)ものである】 になっている。

16世紀ドイツ語の翻訳が依頼されることはないと思うが、時間のあるときに、他の個所も読んでみよう。

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR