FC2ブログ

弟の今後の就職について相談した

11月に弟が社会保険労務士試験に合格してからも、いろいろと決めなければならないことがあった。
実務経験がないため、とりあえず事務指定講習に申し込み、その後のことは年末年始に決めることにした。

もし、弟のことが気になって、翻訳でミスをするようなことがあれば、翻訳会社としては嫌がるかもしれない。
まあ、試験合格で一番の悩みは消えたので、仕事に影響するような最悪のケースはないと思う。

就職支援などは私の仕事ではないが、それでもできるだけの関わりは持つつもりである。
家族のために精神面も含めてできる限りのことをすることが、私の役割であり、そして信仰生活の一部にもなっている。

弟を支援することが、神から与えられた使命なのかどうかは今のところわからないが、家族の問題に取り組む姿勢が、教会の中でも良い影響を及ぼすように祈りたい。

何か相談するとしても、時間を確保できるのは日曜日の礼拝が終わった後くらいだ。

弟には、教会のクリスマス礼拝とクリスマス・イブ礼拝のチラシを送っておいた。
教会関係者は弟がクリスマスに来ることを期待していたようだが、いきなり教会のイベントに参加すると困惑するかもしれない。
それに私は、聖歌隊や行事関係の委員会の仕事があって時間が取れないので、弟の相手をできないと思われた。
ということで、今年最後の礼拝となる30日に教会に来るように連絡しておいた。

礼拝の様子を見てみたかったそうなので、30日朝礼拝に出席してもらって、それから昼食をとりながら今後の方針について相談した。

教会の人たちは、私の弟が来たということで喜んでくれたが、これについては日を改めて記事にしておこう。

新年の1月中に行うこととして、賃貸契約更新時の家賃減額交渉と、見習いでもよいから年金関係の事務所を探すことを決めた。

同じ建物の別の部屋は、今年後半の情報では、約2万5千円の差額があることが判明した。
そのため、2万円以上の減額を希望することを、仲介不動産屋に対して通知することにした。

事務指定講習を受講することになっているが、終了を待つことなく、年明けから社会保険労務士を必要とする仕事を探すことにした。
講習を終えて登録するまでは見習いとなるが、時給1000円でもよいから実務経験を積むことを目的とする。

就職のために必要になると思われる携帯電話またはスマートフォンの契約、スーツや安価なノートパソコンなどの購入は、これから1つずつ検討していくことになる。

あと半年かかるのか、それとも1年なのか、それはわからないが、「アンダークラス」から抜け出せるように祈りたい。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR