FC2ブログ

【聖書でドイツ語】 神の言葉は滅びない

ドイツ語で聖書を読んでいると、一般的に使う単語でも、調べてみると雅語ということがある。
辞書によっては文語と書いてある場合もある。

本日のローズンゲンの新約聖書では、vergehen という自動詞が出てくる。
以下に示すように、雅語としての意味もある。

vergehen* verging / vergangen 自動詞 (s)
1 (時が)過ぎ去る,経過する,過去のものとなる;((雅)) (世代などが)滅び去る

マタイによる福音書第24章35節
Luther 2017: 35 Himmel und Erde werden vergehen; aber meine Worte werden nicht vergehen.

聖書協会共同訳:35 天地は滅びるが、私の言葉は決して滅びない。

イザヤ書第40章8節も引用しておこう。
8 Das Gras verdorrt, die Blume verwelkt, aber das Wort unseres Gottes bleibt ewiglich.
8 草は枯れ、花はしぼむ。 しかし、私たちの神の言葉はとこしえに立つ


vergehen* verging/vergangenI 自 (s)1 (時が)過ぎ去る,経過する,過去のものとなる...
vergehen


テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR