FC2ブログ

「シリコン」と「シリコーン」 再び

(最終チェック・修正日 2019年06月20日)

外来語のカタカナ表記で混乱している例に、シリコンとシリコーンがよく取り上げられる。

シリコン(英語 silicon)は、元素のケイ素の意味であり、科学用語としては、半導体材料に使う高純度ケイ素を指す。

シリコーン(英語 silicone)は、ポリシロキサン骨格を有するポリマーである。
言語の発音に近づけるために、長音符を使って表記するのは当然のことだろう。

しかし、シリコンゴムなど、慣用的に長音符なしの表記も多く見られる。
主な英和辞典を見ても、silicone を「シリコン」と書いてあるものもあり、1冊だけ使っている人は間違うことだろう。
文脈から、ポリマーのことだと理解できれば、シリコンでもかまわないということだろうか。

例えば、アミノ酸のリシン(英語 lysine)と、トウゴマの種に含まれる有毒タンパク質のリシン(英語 ricin)の場合、サプリメントの成分の話であれば、アミノ酸のリシンと理解してもらえるだろう。

同様に、医療用チューブの話のとき、シリコンと書いてあっても、シリコーン製チューブであり、硬いケイ素製チューブを想像することはない。

医療用チューブは、今月読んでいる「『欠陥だらけの子ども』と言われて」の141ページの1行目にも出てくる。

【…からだの中にいったいどうやってシリコンの管を埋めこむのだろうか?】

ドイツ語原文が Silikon なのかどうかは、原著が届いてから確認する予定。
現時点では岩波書店に問い合わせているので、今月中に返答が届くことを期待したい。

追記(5月29日):
原著が届いたので確認した。
128ページを見ると、Silikonschlauch (シリコーンチューブ)だった。

追記2(6月20日):
岩波書店の担当者からメールで回答があった。
翻訳者だけではなく、監修担当の小児科医、岩波書店の科学担当編集者と協議したそうだ。
「シリコンの管」は、重版から 「シリコーンチューブ」に修正するとのことだ。

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR