FC2ブログ

紀伊国屋書店の消費税ポイント還元は店舗ごとに確認が必要

(最終チェック・修正日 2019年12月14日)

私は書籍の購入は、ほとんど有隣堂と紀伊国屋書店を利用している。
消費税が10%になって、辞書や専門書などの出費がきつくなりそうだが、来年6月までは消費税ポイント還元5%があるので少しは楽になる。
有隣堂も紀伊国屋書店も、資本金が中小企業に相当するため、5%還元の対象企業である。

紀伊国屋書店のお知らせによると、VISAやマスターカードなどのクレジットカードブランドも対象となっている。
www.kinokuniya.co.jp/c/20191008100028.html

しかし、【上記に表示されている対象決済手段であっても、一部のクレジットカード等では還元されない場合があります。】という注意書きがあった。

いつも利用している au WALLET プリペイドカードを確認すると、ポイント還元対象であった。
wallet.auone.jp/contents/lp/cashless/description.html

紀伊国屋書店では主に BookWeb で注文して、店舗受取サービスを利用している。
すると、この店舗受取サービスにも注意書きがあった。

【店舗受取サービスをご利用の場合は、受け取り店舗の還元対象決済手段が適用されます。各店舗の店頭に掲示しておりますポスターをご参照ください。】

ということで、教会学校の遠足が終わって帰宅途中に、いつも利用している紀伊国屋書店に立ち寄った。
店頭の新書、定期購読雑誌、そしてウェブ注文の書籍の支払いをするときに、ポイント還元対象について確認した。
すると、その店舗では、クレジットカードカードブラントはすべて対象外であった。

代わりに、スイカ(JREポイント)やEdyなどが使えることがわかった。
支払いを保留して、そごう店内のセブン銀行ATMでスイカにチャージした。
紀伊国屋書店に戻って、再びレジ前の列に並び、スイカで決済した。

ポイントが付くのは来月になるため、本当に5%還元なのかどうか、その確認は忘れたころになるのかもしれない。

au WALLET にこだわるわけではないが、今年中に教会近くの紀伊国屋書店に行って、使えるかどうかを確認しよう。

追記(10月21日):
各店舗でのキャッシュレス対応状況の一覧が公開された。
次のリンクでPDFを表示して確認してほしい。

www.kinokuniya.co.jp/contents/cashless_20191021.pdf

教会近くの店舗では、マスターカードが利用可能なので、au WALLET が使えることがわかった。

追記2(11月5日):
JREポイントの5%還元分が本日付与された。
7,000円の利用だったので、350ポイントの還元。

また、au WALLET ポイントを確認すると、教会近くの紀伊国屋書店は、ポイントアップ店舗であることが判明した。
200円で3ポイントなので、いつも利用している店舗の3倍だ。
東京では駅前の人混みに巻き込まれて嫌だが、ポイントが増えるなら我慢しようか。

この店舗で au WALLET を使えば、5%還元と合わせて、200円ごとに13ポイントもらえるので有利だ。
紀伊國屋ポイントと商業施設のポイントもあるので、合計すると200円で最低20円分のポイントがもらえるから、10%還元だ。

追記3(12月14日):
12月11日付けで対応状況の一覧表が更新された。
www.kinokuniya.co.jp/contents/cashless_20191211.pdf

私がいつも使っている店舗で、au WALLET (Master)が利用可能になった。
明日、定期購読の雑誌の支払いに使ってみて、ポイントアップ店舗なのかどうかを確認しよう。

テーマ : ポイントを貯める
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR