FC2ブログ

ドイツ語和訳のチェック・フィードバックをしたがクライアントから戻された

先週、海外の翻訳会社から、ドイツ語和訳のチェックを頼まれた。
チェッカーの料金は、翻訳の約10分の1で $6.77。
為替レートが 106円と仮定すると、わずか 717円。
修正が多いと割に合わないので、チェッカーを希望する人は少ないから、私に回って来るのだろう。

納品が終わって安心していたら、その案件の続きがあった。
同じ原文に対して、和訳ファイルが3種類あり、それぞれの和訳について最終的なチェックをして、評価フィードバックを作成するという。
そのファイルには、私がチェックした和訳も含まれていた。

そのうち1つは誤訳が含まれていたので、低い評価を付けて提出した。
その誤訳の例を示すと、ein paar Sekunden (数秒)が、「二、三分」になっていた。

これで終わりかと思ったら、クライアントから戻されてしまった。
私が一度チェックした和訳が含まれていたので、同一人物である私がフィードバックを作成してはいけなかったそうだ。

こういったクライアントの要望を事前に把握するのは、翻訳会社のコーディネーターの仕事であり、私の責任ではない。
私がこの案件を再度担当することはないので、他のドイツ語翻訳者にチェッカーとして頑張ってもらいたい。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日は再度ドイツ語和訳のチェック・フィードバックを行い、そして約1200ワードの案件を断った

今週12日に、ドイツ語和訳のチェックとフィードバックを頼まれて、その日の夜に納品した。 すると、トラックバックした記事にあるように、別のチェッカーを探して再納品してほしいと、クライアントから戻ってきたそうだ。 クライアントからの連絡には次のように書いてあったので、私が再度担当することないと思っていた。 Can you please give all three files to anoth...

3か月前に納品した和訳を再度改善してほしいと頼まれた

翻訳を納品しても、それですべて終わりということはない。 指定した用語を使っていないだとか、誤訳が見つかったなど、クライアントから戻されて修正し、再納品することもある。 今日は、トラックバックした記事にある、約3か月前に納品した、機械の取扱説明書のドイツ語和訳チェック案件が戻ってきた。 そのチェック案件では、翻訳者が異なる和訳ファイルが3つあり、それぞれ修正して、評価を付けて納品した。 と...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR