FC2ブログ

トランプのせいでまた円高になってしまった

海外の翻訳会社との取引では、アメリカドルで翻訳料金をもらっている。
受取方法は基本的に PayPal であるが、$250 以上の場合は、手数料 $10 で銀行振込も選択できるはずだった。
しかし、日本の銀行口座では、その手数料では取引できないためなのか、ずっと PayPal のみに入金している。

PayPal と三菱UFJ銀行の為替レートを比較すると、1ドル当たり2円違うので、だいたい $600 を超える場合であれば、手数料 $10 を払っても三菱UFJ銀行で受け取る方が有利だ。

実際の毎月の売上は、$300 前後が多いので、PayPal の方が都合がよい。
ただし、12月末に受け取った11月分は、$1,393.82 と多いので、三菱UFJ銀行で受け取りたかった。

まだ換金していない去年の9月分から、今月末に受け取る12月分までの翻訳料金と、請求時レートは以下のとおり。

2019年 9月分  $171.76 104.92円
    10月分   $87.85 105.88円
    11月分 $1,393.82 106.14円
    12月分  $258.70 106.56円

予定としては、1月10日頃に11月分の $1,393.82 を換金し、2月初めに残り $518.31 を換金したい。
PayPal の為替レートを 106円前後と予測して、本年の予算ではそれぞれ、147,000円と 55,000円にしていた。

しかし、為替レートの予測は困難であり、しかもトランプ大統領の指示でイラン革命防衛隊の幹部が殺害された影響で、予想外の円高になってしまった。

PayPal のレートは、11月分が入金した12月30日は 106.1083円だったが、本日1月3日には 104.9637円になった。
今日換金すると、請求時の円換算額よりも約1,600円少なくなる。
為替差損として計上できるものの、スターバックス3回分減ったと考えると、損した気分になる。

週明けに中東の状況が少し落ち着いて、レートが 105円台であれば、思い切って換金しよう。

それにしても、日本のメディアは、中東情勢が緊迫しているのに、定時ニュースで簡単に触れるだけだ。
情報がほしいので、auひかりTVでBBCやCNBCを観ている。

NHKは特派員が世界中にいるのだから、地デジの102チャンネルを使って臨時ニュースを流してもよさそうなのに。
小競り合い程度では扱わないのだろうか。
原油価格も上がっているのに、日本はのんびりしている国ということなのか。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR