FC2ブログ

ロックされたセグメントも翻訳対象だったなんて

(最終チェック・修正日 2020年04月03日)

自宅から一歩も出ない生活が1週間続いている。
玄関のドアを開けたのは、月曜日に書籍が届いたときに、受取のために開けた1回のみ。

食料品の買い物をしたのは先週の木曜日だ。
以前からストックしていたレトルト食品もあるので、今月前半は特に困らない。
まあ、明日金曜日にパックのサラダなどを購入して、週末だけでも変化のある食事をしようと思う。

外出が規制されている国が多いが、海外の翻訳会社からの仕事は継続している。
昨日は、20時頃までに翻訳ができるので、チェックをしてほしいという依頼が来た。

ドイツメーカーの取扱説明書で、2200ワード程度である。
2時間くらいでできそうなので受注した。

ところが、22時まで待っても何も連絡が来ない。
まあ、Translation will be ready by .. と書いてあったので、厳密なスケジュールではなかったのかもしれない。
寝ている間に届くだろうと考えて、翌朝早起きすればよいと思い、早めに寝た。

そして今朝、メールチェックすると何もない。
ということで、担当者に問い合わせメールを送った。
すると、この時点で翻訳済みファイルが届いていないという。

実際に届いたのは、10時少し前と、予定の約13時間後だった。
この遅延の影響で納期が変更されたが、それでも間に合わないので、さらに1時間延ばしてもらった。

昼休みに30分ほどチェックして、残りは終業後に行った。
用語の不統一に加えて、専門用語の間違い、原文の意味から離れすぎた意訳もあったが、なんとか納期までに提出できた。

夕食をとってのんびりしていたら、ロックされたセグメントも翻訳対象だというメールが届いた。
クライアントが間違えてロックしていたそうだ。

時間がないので、翻訳者に戻すのではなく、チェッカーの私がついでに和訳してほしいとのことだ。
私のせいではないし、困ったものだと思ったが、わずか6ワードなので、すぐに和訳して返信した。
まあ、様々なことを経験しているので、この程度のことではイライラしない。

今週末もチェック案件があるが、イレギュラーなことが起きないことを祈ろう。
そのような心配よりも、このような状況下で、仕事があることに感謝しようと思う。

追記(4月3日):
納品が終わったのに、またメールが来た。
パワーポイントにエクスポートしたところ、テキストの上にロゴが重なっているので、位置を修正してほしいとのことだ。簡単な作業だったので、数分で終えて提出した。
本来ならば、追加作業料金として$5くらいもらいたいものだ。


テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR