fc2ブログ

今年の確定申告では約4万円が還付される予想

(最終チェック・修正日 2021年02月08日)

毎年確定申告をしている。
寄付金控除など、年末調整で扱えないものもあるからだ。

その寄付金控除のおかげで、毎年2~3万円程度の還付金を受け取っている。
2020年は寄付金を少し増やしたので、還付金もいくらか増える予定だ。

現時点でのデータを国税庁のウェブサイトで入力していくと、今年は約4万4千円が還付される予定だ。
扶養親族にしていた弟の国民年金の支払い証明書が年末調整に間に合わなかったので、その分が加算されている。
多くなったというわけではなく、12月に受け取れなかった分がもらえるというだけだ。

教会経由で学校法人に寄付した分も、個別に領収書がもらえれば申告しようと思う。
寄附金控除の上限に達していなければ、還付金も増えることだろう。

また、住民税を減らすのであれば、居住自治体で控除対象のWWFへの寄付金を増やした方がよいだろう。
翻訳料金が多めにもらえたときに、定期預金で残すだけではなく、最低10%を寄付に回せるようにしたいものだ。

国税庁のウェブサイトで書類作成して、3年前からは e-Tax で提出している。
最初は、マイナンバーカードをスマートフォンで認識する設定などで苦労したものの、印刷しなくてもいいし、税務署に行かなくても済むし、領収書を手元に残せるので便利だと思う。

そして今年から、対応ブラウザが増えたということで、Chrome で作成開始を試みた。
しかし、スマートフォンでの作成専用なのか、それとも設定が間違っているのか、PCではエラーとなってしまった。
ということで、これまで同様に Internet Explorer で作成している。

2020年は、外貨MMFの償還もあって、特定口座では損失が出ている。
投資信託の分配金で相殺してもマイナスなので、以前からの繰り越し分に加算して申告する。

今年は投資信託で利益が出ているので、半分くらい売却して、損失繰り越し分の相殺に使おうと思う。

花粉が多くなりそうならば、空気清浄機を買いたいものだ。

追記(2月8日):
既に2月1日には青色申告の準備もできていたのだが、マイナンバーカードの読み込みエラーがあり、1週間後の本日8日に再挑戦した。

やはり何度試してもマイナンバーカードの読み込みができない。
マイナポータルのトラブルシューティングを見てPCを再起動したり、他のブラウザに切り替えてもだめだ。

30分くらい経ってから Internet Explore でもう一度試してみると、なぜかつながった。
ただし反応は鈍く、途中で応答なしになって画面がフリーズしたように見えるが、なんとか申告までたどり着いた。
メールが届いたので大丈夫だろう。

申告通り認められれば約4万5千円が今月中に還付されることだろう。

テーマ : 税金
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR