fc2ブログ

化合物名: hexanedioic acid は「ヘキサン二酸」(二は漢数字)

理系研究職から翻訳者に転職した人はどれくらいいるのだろうか。
メーカー研究所の大量リストラがあるたびに、一部の人数であっても特許翻訳に参入すれば、人材不足がいくらか解消するのではないかと思う。

化学や医薬の特許で面倒なのは、化合物名の扱いだ。
正式な IUPAC名のこともあれば、慣用名だったり、商品名だったり、統一されていない。

また、英語を使って命名する IUPAC 名で書いてあっても、日本語名称を作るときに間違えてしまうこともある。
誤訳の場合、日本語名称を読んでもその分子構造がわからないこともある。

構造式があれば、日本語名称の作り方を間違えたことが一目瞭然であるが、元々化学に慣れていない翻訳者では判断も困難かもしれない。

最近も海外メーカーの出願を調べていて、和訳された特許公報で10件ほど、ヘキサンジオン酸という見慣れないカルボン酸の名称を使っていることに気づいた。

オリジナルの英語明細書を確認すると、hexanedioic acid であり、その誘導体の構造式が出ている特許でも確認すると、命名するための基本骨格となる母体化合物は、以下に示すように炭素数6個の直鎖ジカルボン酸であった。
hexanedioic acid 
優先IUPAC名(PIN) hexanedioic acid
日本語名称(PIN)   ヘキサン二酸 (注:二は漢数字)

一般IUPAC名(GIN) adipic acid
日本語名称(GIN)  アジピン酸

正式な PIN のヘキサン二酸よりも、保存名である GIN のアジピン酸の方を見聞きしたことが多いだろう。
ただ、ヘキサン二酸の方が、骨格の炭素数も、カルボン酸部分が2つあることも、簡単にわかるので好ましい。

枝分かれのない直鎖炭化水素由来のジカルボン酸を表す ..dioic acid の部分を「…ジオン酸」と誤解したために、誤訳になってしまった。

日本の有名なメーカーでも、ジカルボン酸を「…ジオン酸」として特許明細書に書いているので、正式な名称だと勘違いしたのかもしれない。

さらに、試薬カタログでも「…ジオン酸」が出てくるので、参考資料にできない。

簡単そうに見える化合物名でも、念のために命名法と日本語名称の作り方を確認した方がよいだろう。

化合物命名法の本はいくつか市販されているので、参考資料として持っていて損はない。

ただし、最新の命名法の本なのに誤記が多数あるので、改訂版が出るまでは、出版社のサイトで正誤表を入手しておく必要がある。

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR