fc2ブログ

2020年の寄付金額と今年の予定

確定申告のために2020年の寄付金をまとめてみた。

WWFジャパン年会費(寄付扱い)  10,000円(個人住民税の控除もあり)
日本聾話学校(クリスマス献金)   10,000
日本聾話学校(毎月、教会後援会経由)16,000円(現在は月2,000円)
日本骨髄バンク             5,000
国連UNHCR協会(毎月)     45,000円(現在は月4,000円)
国境なき医師団日本(毎月)     41,000円(現在は月4,000円)
国境なき医師団日本(臨時)     15,000
            ───────────
合計                142,000

毎月1万2千円程度で、年収に対する割合は約2%と少ないので、自慢はできない金額だ。
弟に仕送りをしていたので、無理のない金額にしていた。

教会の献金は年間約24万円で、2021年の寄付は、ほぼ同額の20万円を目標にしたい。
定期預金で毎年50万円を貯めようと計画しているが、自分の生活だけ考えるということはしたくない。

個人事業主として海外の翻訳会社からドイツ語和訳の仕事を受注しているのも、書籍だけではなく、教会献金と寄付金に使いたいからだ。

今年前半は受け取る翻訳料金が多くなる予定なので、定期預金だけではなく、臨時の寄付金にも回そうと思う。
寄付を募っている団体は多数あるが、対象を増やすよりも、現在の寄付先の増額と、以前の寄付先の復活を考えている。

まず、毎月の定額寄付とWWF年会費を同額として合計すると、13万円となる。

WWFからは「地球への処方箋」寄付の依頼が来ているので、2月に1万円の予定。
年に数回依頼があるので、地球温暖化対策など、テーマ別に2~3万円を予定したい。

WWFの場合、以下のリンク先の説明にあるように、住民税の控除もある。
寄付1万円当たりの控除は、東京都・神奈川県で320円、東京都港区・横浜市・相模原市で480円となり、少しは節税になる。
www.wwf.or.jp/koujo/

日本聾話学校は、毎月分散して寄付した方が家計が楽なのだが、クリスマス献金の依頼があるので、最低1万円は追加で寄付したい。
教会後援会の12月分に1万円増額してもかまわないのだが、年内に確実に届くように1万円を手渡しする予定だ。

日本骨髄バンクは、毎年5,000円と決めていたが、最低でも1万円に増額予定。
また、現在は骨髄ドナー登録をしているが、年齢制限で登録から外れたら寄付で支援したいので、今後も増額を予定している。

国境なき医師団日本と国連UNHCR協会は、毎月の寄付だけで年間5万円近いのだが、臨時の寄付の依頼が何度もあるので、いずれも1万円は追加したいものだ。

特に国連UNHCR協会からは、寄付依頼の電話がかかってくるほどで、難民の状況が本当に悪化しているようだし。

現在の寄付先だけで20万円になる予定だ。

そして、過去の寄付先として、日本赤十字社、日本障がい者スポーツ協会、天文学振興募金を復活するかどうか、翻訳料金が入金してから考えようと思う。


5月から取引先が1社増えて、7月に受け取った翻訳料金が10万円を超えた。弟への仕送りや教会の献金もあるので、他の寄付を大幅に増やすことはできないのだが、いくらか増額した。今日の午前中は会社の健康診断があったので、近くの病院に行った。そのついでに有給休暇を取得して、寄付とは関係ないのだが、最初に三井住友銀行の支店に行った。小規模企業共済の掛金を月2000円増額して、今月分から月7000円の拠出に変更...
寄付金額などの見直し

テーマ : 寄付・ドネーション
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR