fc2ブログ

母の成年後見人が選定された

今日、家庭裁判所から通知が届いた。
母の成年後見開始の申立てが認められ、成年後見人が選定された。

先日の面談の後で聞いたように、司法書士が成年後見人となった。
賃貸アパートの契約書作成であったり、母の実家の農地をどうするかという問題もあるので、登記もできる司法書士がふさわしいだろう。

審判決定は3月18日で、異議申立はしないので、約2週間後には確定となる。
そして後見開始について法務局で登記が終われば、4月下旬には打ち合わせをすることになるだろう。

これでようやく、訪問診療の医療費を立替払いしなくても済むようになる。
今日は2月分の 6,226円を払ったが、これが最後だろう。

また、来週からは週1回1時間、ごみ出しのヘルパーを依頼することになり、1回 418円とのこと。
この支払いも成年後見人が行うことになるだろう。

母は知らない人でも家に入れてしまうので、お金を盗まれないかなど、まだ心配なことはある。
今後は高齢者住宅に姉と一緒に入居できるかどうかを検討しよう。




母後見開始


今月初め、母を担当する介護事業所で COVID-19 陽性者が続出した。ということで、母に対する家庭裁判所による面談は、ケアマネージャーが同席できなくなったため延期となった。そして約2週間経過した今日の午前中に、自宅で家庭裁判所の面談が30分ほど行われた。質問に対して短く答えればよいのだが、母は関連する思い出話などを始めてしまったそうだ。これだけでは決定とはならないものの、賃貸用アパートの管理もあるので、司...
家庭裁判所の面談

テーマ : 親の老後と介護
ジャンル : 結婚・家庭生活

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

母の成年後見人から電話連絡があった

先月、実家のある地方を管轄する家庭裁判所から、母の成年後見人が選定されたという通知が届いた。 私から不服申し立てをすることはないので、そのまま4月に登記が行われて、後見開始となる見込みだった。 ケアマネージャーから、後見人と一緒に母と面談する日を決めたと連絡があった。 そして、知人の葬儀で外出中に、後見人から私に電話があった。 改めて本日午後に電話があり、申立書では足りない事項の一部につ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR