fc2ブログ

モデルナ製ワクチン接種3回目第1~3日:第2日に発熱わずかにあり

(最終チェック・修正日 2022年04月20日)

自治体からコロナウイルスワクチン3回目の接種券が届いた。
6か月経過以降に接種可能ということで、4月中旬以降で、モデルナ製ワクチンで医療機関のスケジュールを検索した。
集団接種会場で18日午後に空きがあり、すぐに予約した。
今回も体温の記録と共にメモしておこう。

接種前日

4回体温を測定して、テルモ電子体温計の平衡予測値での平熱を把握した。
予診票に必要事項を記入した。

3回目第1日(4月18日)

接種前の体温を念のため4回測定した。
午後に昼休みと有給休暇を合わせて外出にあてて、集団接種会場の病院に行った。
受付開始5分前に到着したところ、既に10名ほどが来ていたようで、すでに接種が始まっていた。
受付と問診を経て、すぐ接種したので、到着から15分もかからずに終了。

15分の経過観察時間を経て帰宅。
モデルナ製ワクチンの3回目は、接種量が半分になったためなのか、接種部位の痛みは1時間経過してもなかった。
もし副反応が強かった場合を考えて、病院近くのスーパーで水曜昼までの食料品を買った。

このスーパーはあまり混まないので利用しているのだが、今日は総菜売り場の前で、マスクを外してくしゃみをしている高齢男性に出会った。
以前も、マスクをずらして電話をしながら買い物をしている人もいたので、感染対策を期待通りに実行できない人もいることを再認識した。

接種後4時間くらい経過してから、接種部位が少し痛むようになった。
腕を肩よりも上にすると少々違和感がある程度で、ダンベル体操をしても大丈夫だ。
発熱もないので、解熱剤を飲まずに寝る。

3回目第2日(4月19日)

起床時の体温は 36.2℃で、発熱はしていないと判断した。
接種部位の痛みに加えて少し腰痛があるが、日常生活や仕事には影響しない程度だ。

10時に測定した体温が 36.7℃と少し上昇しており、首回りが熱く、腰痛も気になってきたので、解熱剤を服用した。
寝る前には 35.8℃まで下がった。
2回目とは異なり発熱も関節痛も弱く、解熱剤も一度だけだった。

3回目第3日(4月20日)


発熱はないので午前中で測定をやめた。
副反応の個人差はあるものの、接種量が半分ということで、発熱は弱かったのだと思う。


体温の記録 t/℃(テルモ電子体温計による平衡予測値)
解熱剤の1回分はイブクイック2錠
  前日      第1日     第2日     第3日
07:00 35.5  07:00 35.6  07:00 36.2  08:30 36.1
10:25 35.8  09:40 36.0  10:00 36.7  
                10:05 解熱剤 
        11:00 36.0  11:10 36.6  11:35 35.9
        13:00 36.1  13:20 36.4
        14:08 接種   
        15:15 35.8  15:00 36.6
18:40 36.0  18:40 35.8  18:10 36.0
        21:10 36.1  21:00 36.3
22:05 35.9  22:30 35.9  22:50 35.8

(最終チェック・修正日 2021年10月07日)今日はモデルナ製の新型コロナウイルスワクチン接種2回目。副反応について知りたい人もいるだろうから、今回も記録しておきたい。体温の記録と解熱剤を服用した時刻について、一番下にまとめた。平熱を超えると判断した 37.0℃以上を赤色で示した。ちなみに、ファイザー製ワクチンを接種した弟は、2回目の翌日が一番だるくて、一日中寝ていたそうだ。2回目第1日(10月4日)8月31...
モデルナ製ワクチン接種2回目第1~4日: 第2日朝に発熱あり


テーマ : コロナウィルス関連
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横浜市もオミクロン株対応ワクチンが接種できそうだ

新型コロナウイルスワクチンはモデルナ製を既に3回接種した。 そして5か月経過したので、4回目の接種券が横浜市から届いた。 ただし現時点では、私の年齢では基礎疾患を有する人のみが対象だ。 教会では高齢者の相手をするし、往復の電車内ではマスクなしの乗客が毎回数名いるので、できれば早めに4回目の接種をして抗体価を上げておきたい。 また、教会では、ずっとマスクをしていた一人暮らしの人もオミクロン...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR