fc2ブログ

母の成年後見人から電話連絡があった

先月、実家のある地方を管轄する家庭裁判所から、母の成年後見人が選定されたという通知が届いた。
私から不服申し立てをすることはないので、そのまま4月に登記が行われて、後見開始となる見込みだった。

ケアマネージャーから、後見人と一緒に母と面談する日を決めたと連絡があった。
そして、知人の葬儀で外出中に、後見人から私に電話があった。

改めて本日午後に電話があり、申立書では足りない事項の一部について相談した。
登記がまだ完了していないが、母と面談して生活状況の確認をするとのこと。

訪問診療を契約している病院からは、すでに後見人宛に請求書が届いているという。
これで私が立替払いをする必要はなくなった。

後見用に銀行口座を新しく1つ作ることになるが、現在の口座の解約手続きに母の印鑑は不要とのことで、後見人に一任する。

賃貸用アパートについて、入居者の家賃支払い状況が不明で、母は滞納があると言っていると伝えた。
母が帳簿をつけていたかどうかも不明で、家賃の現金払い用の封筒にある記載を信じるしかない。
確定申告も2年前からしていないはずなので、代理で申告の必要があることも伝えた。

一番心配していることとして、これは近所の人の話なのだが、見知らぬ人が訪ねてきても母は自宅に簡単に入れてしまうことだ。
母は、盗まれる物などないと言っているが、リフォーム詐欺にあうと困るので、銀行口座などの手続きをできるだけ早く進めてほしいとお願いした。

実際に後見が始まってから、高齢者住宅への入居についても相談する予定だ。
ダウン症の姉には、候補となるグループホームが見つかったので、入居が決まれば、次は母をどうするか決めることになる。

住み慣れた自宅を離れたくないと言うかもしれないが、持病の悪化や火事などが怖いので、できれば高齢者住宅に移ってほしい。
後見人が契約内容を確認してくれるので、私が実家に戻らなくても大丈夫だろう。

こうやって心配事を一つずつ解決していこう。
次は関西にある母名義の田畑の処分になるだろうか。
誰か農業をやってみたい人はいないだろうか。


今日、家庭裁判所から通知が届いた。母の成年後見開始の申立てが認められ、成年後見人が選定された。先日の面談の後で聞いたように、司法書士が成年後見人となった。賃貸アパートの契約書作成であったり、母の実家の農地をどうするかという問題もあるので、登記もできる司法書士がふさわしいだろう。審判決定は3月18日で、異議申立はしないので、約2週間後には確定となる。そして後見開始について法務局で登記が終われば、4月...
母の成年後見人が選定された

テーマ : 親の老後と介護
ジャンル : 結婚・家庭生活

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

母所有のアパートの入居者は家賃を滞納している

今日も母の成年後見人と電話で打ち合わせをした。 後見の登記をした4月は、とりあえず母の銀行預金通帳を後見人に預けて、盗まれないようにした。 5行の口座を使い分けているので、まずは今年の分を記帳してから、私が家庭裁判所に提出した資料と突き合わせながら、年金などの収入と、口座引き落としの確認をしてもらった。 分散していて面倒なのだが、どこか1つにまとめようとすると、年金振込や口座引き落とし...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR