fc2ブログ

SI単位系の接頭語の記号m(ミリ)をM(メガ)に変えないで

日本では高校のときに進路を文系と理系に分けるためなのか、特許翻訳で理解不足の和訳に遭遇することがある。
文系クラスに進んだ人は、高校理科の基礎知識だけでは足りないので、大学学部レベルの知識を独学する必要はあるだろう。
まあ、理系研究者でもすべての分野を熟知していることはないので、ミスをする可能性は同じくらいあるかもしれないが。

特許や医薬分野などの産業翻訳系の講座では、文系だった人でも最先端分野の文書を翻訳できるようになった事例が紹介されている。
それでも、実際に実験操作や機器を使った分析などの経験がないので、苦労することも多いようだ。
また、化学や物理では特に重要な、単位の書き方の知識が足りない人が見られる。


最近、液体の粘度(粘性率)の単位で、2人の翻訳者が、偶然だが、同じ記載ミスをしたまま納品した。

原文の mPa・s(ミリパスカル秒)を、和訳で MPa・s(メガパスカル秒)と誤記した。

SI単位系での書き方では、単位と単位との間に半角スペースを入れるので、mPa s が正しい表記だ。
ただし、この特許の英語原文では間に中点を入れて mPa・s と書いてあるので、この記事では、それにならうことにする。

流体の粘度の SI単位系での表記を mPa・s にするのは、cgs単位系のときによく使っていた cP(センチボアズ)と数字部分を合わせるためだ。
接頭語はミリとセンチで異なるものの、1 mPa・s = 1 cP なので、数字部分は変わらないから混乱しにくい。
Pa・s ではなく mPa・s を使うのは、常温の水の粘度が約 1 mPa・s ということもあるだろう。

余談だが、天気予報での気圧の単位を mbar(ミリバール)から変えたときも、hPa(ヘクトパスカル)にして数字部分は変わらないようにした。

それで、10-3 のミリ106 のメガにしてしまうと、9桁も変わってしまう。
特許に記載された流体の粘度を知らなくても、「こんなに大きな粘度の流体があるのかな?」という疑問を持つかどうかが分かれ目だろう。

推敲時にタイプミスに気付けばよいのだが、もしかすると、加圧下の反応の実験例で MPa レベルの反応条件を見た経験から、mPa は誤記で MPa が正しいと思って修正したのかもしれない。

それでも、「溶媒なのに、こんなに大きな粘度で流れるのかな?」と疑問を持って、念のため調べてみることも大切だと思う。

また、この誤記をした2名のうち一方の翻訳者は、動粘度(動粘性率)の非SI単位である「ストークス(Stokes)」について、末尾の -s が複数形の語尾だと誤解して「ストーク」と和訳していた。

このような事例があるので海外の翻訳会社では、当該分野での学位を持つ翻訳者のみに依頼することがある。
それでは文系出身翻訳者が多い日本では困るので、私のような理系研究者がレビューすることで品質保証となるだろう。

機械翻訳もあてにならないので、企業や大学の理系研究者が特許翻訳に参入してほしいものだ。

機械翻訳は誤訳するから使えないという人もいるが、人間翻訳者が誤訳・誤記を残してしまうこともある。その誤訳・誤記が CATツールの翻訳メモリや用語集に登録されてしまうと、面倒なことになる。その後に翻訳を受注した翻訳者が、間違いに気づいて修正して納品しても、QAツールでは、〇〇の翻訳が統一されていないだとか、翻訳メモリに異なる翻訳が登録されているなどのエラーが出てしまう。False Positive ということで Ignore ...
温度の単位の誤記「C°」を修正した


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

>幅広い教養を身につけることに時間を割いてもよい

そんな気がしますね。

私が入った大学では(教師の弁によると)学生運動の影響がまだ残っていた時代で、入学後2年間の教養部の間は専門教育のカリキュラムをほとんど組めないとのことでした(組もうとすると教養部の教授陣と衝突するとか)。それがいいかどうか、私にはわかりませんでしたが、時代もなんとなく「specialistではなくgeneralistに」というキャッチフレーズをあちらこちらで目にするような時代でした。specialistは「専門○カ」と蔑まれがちな時代でもありました。

(この書き込みは「不正な投稿」と判断されて投稿ができなかったので、もしかすると、○=バがNGワードなのかもしれないと思い、伏せ字にしてみました)

私は結局バランスだろうと漠然と思うだけで、どちらが正しいとかどちらが間違っているとかいう意見は持ち合わせていませんが、高校生の教育に関しては、大学受験のためにここまで勉強の内容が早くから限定されるのは(また実際そうしないと多くの人は思うように進学できない)というのは、どうもいいとは思えないなとは感じています。高校時代こそ、浅くてもいいから広く見聞を拡げさせ、いろんなことに幅広く興味を持たせてあげたかったなと思うのですが。

No title

>幅広い教養を身につけることに時間を割いてもよい

そんな気がしますね。

私が入った大学では(教師の弁によると)学生運動の影響がまだ残っていた時代で、入学後2年間の教養部の間は専門教育のカリキュラムをほとんど組めないとのことでした(組もうとすると教養部の教授陣と衝突するとか)。それがいいかどうか、私にはわかりませんでしたが、時代もなんとなく「specialistではなくgeneralistに」というキャッチフレーズをあちらこちらで目にするような時代でした。specialistは「専門バカ」と蔑まれがちな時代でもありました。

私は結局バランスだろうと漠然と思うだけで、どちらが正しいとかどちらが間違っているとかいう意見は持ち合わせていませんが、高校生の教育に関しては、大学受験のためにここまで勉強の内容が早くから限定されるのは(また実際そうしないと多くの人は思うように進学できない)というのは、どうもいいとは思えないなとは感じています。高校時代こそ、浅くてもいいから広く見聞を拡げさせ、いろんなことに幅広く興味を持たせてあげたかったなと思うのですが。

No title

>幅広い教養を身につけることに時間を割いてもよい

そんな気がしますね。

私が入った大学では(教師の弁によると)学生運動の影響がまだ残っていた時代で、入学後2年間の教養部の間は専門教育のカリキュラムをほとんど組めないとのことでした(組もうとすると教養部の教授陣と衝突するとか)。それがいいかどうか、私にはわかりませんでしたが、時代もなんとなく「specialistではなくgeneralistに」というキャッチフレーズをあちらこちらで目にするような時代でした。specialistは「専門バカ」と蔑まれがちな時代でもありました。

私は結局バランスだろうと漠然と思うだけで、どちらが正しいとかどちらが間違っているという意見は持ち合わせていませんが、高校生の教育に関しては、大学受験のためにここまで勉強の内容が早くから限定されるのは(また実際そうしないと多くの人は思うように進学できない)というのは、どうもいいとは思えないなとは感じています。高校時代こそ、浅くてもいいから広く見聞を拡げさせ、いろんなことに興味を持たせてあげたいのですが。

No title

私の高校では1年生の秋頃には文系か理系かの希望を取り始め、2年生の4月から完全に別のカリキュラムになりました。

ただ、理系を選んでも受験予定の学科によって、さらに物理・化学と化学・生物に分かれました。私は地学も含めて全部学びたかったのですが、理学部化学科志望だと物理・化学のみを選択するようにと指示がありました。

受験に直接影響しない科目はおろそかになり、数年前も必修の世界史を未履修だった問題が発覚した高校もあり、受験対策重視の弊害を再認識しました。

大学で研究できる素質がある生徒ならば、高校側で学力を保証して推薦するだけでよいのではないでしょうか。そして幅広い教養を身につけることに時間を割いてもよいと思います。

進路の区分にこだわらない高校もありますが、日本は変わりそうにないですね。

No title

MarburgChemieさんのご経験がどうだったかは存じ上げませんが、私が高校生の時は、2年生までは文系も理系も一緒に勉強していて、3年生からようやく文系クラスと理系クラスに分れるという方式でした。それしか体験がなかったので、それが普通かと思っていたのですが、学校にもよるのだろうと思いますが、現在、公立高校3年生の末っ子などは、1年生の後半には文系理系の希望を尋ねられて、2年生の後半からははっきり文系と理系に分別されるシステムらしく、そんなに早くいろいろ決めさせられる子ども達がかわいそうだなと思いました。私の頃とくらべると大学入試制度もずいぶん様変わりしていて、昔ながらの--といっても、それ自体がずいぶん変わっていますが--受験方式に加えて、公募推薦だとか指定校推薦だとか一般推薦だとか、昔は存在したとしても極めて特殊だった入試方式が当たり前のように存在し、それに応じて、またはそうでなくても希望する進学先によって、同じ理系でも勉強すべき科目と、勉強しなくても全く問題ならない科目とが、昔より明確に分れているようです。学校でも希望する進学先の入試科目に合わせてしっかり履修届を出すようにと指導しているようですが、2年生の前半から進学先とその入学選抜方式に精通していないといけないような今時の高校生はかわいそうだなと思いますし、それが視野の狭さにつながらなければいいがなという老婆心も生じます。子どもの学校で進路説明会などの話を聞いていても、今時の制度・選択肢は複雑すぎて、私などは頭がクラクラします。
プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR