fc2ブログ

AI独学英語術(Newsweek日本版2023年11月7日号)

今週も忙しくて、特集記事を読みたかった Newsweek日本版2023年11月7日号(発売日10月31日)を今日購入した。
その特集とは、AI独学英語術である。

この号の目次のリンクは次の通り。
www.newsweekjapan.jp/magazine/470415.php

以前は使い物にならなかった機械翻訳は、AIの飛躍的な進化により、ある程度使えるレベルになってきた。
また、ChatGPT の登場によって、単なる機械翻訳ではなく、大量の文書の要約を作成したり、オリジナルの文章を出力することも可能になった。
革新的テクノロジーの登場により、外国語の壁を壊そうという新しいサービスやアプリの開発が盛り上がるのは当然の流れだ。

機械翻訳のレベルが向上しても誤訳や抜けなどが混入していることは変わりないが、AIツールを「賢く使えば」、言葉の壁はないに等しいとまで言えそうだ。
単にその場しのぎの英訳ツールではなく、学習者を支援するツールとして活用することが、今後は学校教育も含めて大切なスキルとなるだろう。

AI の英語運用能力が大半の非ネイティブ話者を上回っている現状で、英語(外国語)を学び続ける意味はあるのだろうか。
英語が世界共通語である限り、学校で文法や語彙の基礎を学ぶ必要性は変わらないだろう。
ただし、ビジネスや学術分野で問われる語学力は、AIを使いながら仕事をする総合力に置き換わるという変化が起こるだろう。

また、一番興味を持ったのは、外国語の学習としてテレビ番組を頻繁に観ることが効果的との記事だ。
AIばかりが注目されがちだが、古くて新しいメディアとして利用価値はある。

母国語での番組と同様に、そこから情報を得たい、楽しいという番組を選ぶことだ大切だ。
私ならば、ナショジオやディスカバリーチャンネルなど興味ある分野の番組を学習に使いたい。

中学生から高校生のときは、海外短波ラジオ放送が英語学習用のメディアの役割もしていたと思う。
Radio Sweden の英語ニュースを聴いたときに general election 総選挙 という、教科書にはない言葉を初めて知った。
Voice of America も日常的に聴いていたので、リスニングテストでは事前予想より高得点を獲得できるようになった。

学習ツールの選択肢が増えたので、それぞれ自分に合った独学方法を見つけて、語学力を、そして AIを活用する総合力を伸ばしてほしいものだ。

今日は新型コロナウイルスワクチンの抗体量の変化を調べる研究のため、都内の病院に行って採血した。問診では健康状態に変化がないことを報告し、COVID-19陽性者との接触もなかったことも伝えた。もし新しい株に感染していれば、血液中の感染抗体の検査で判明するので、そのときに無症状感染者だったとなるが。少量だが血を抜かれたので、駅前のスターバックスに寄って、オーツミルクのブロンドラテとアップルパイを注文して補給。...
ChatGPT翻訳術(山田優、アルク)

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR