fc2ブログ

今日は何度も行列に並ぶことになった

昨日12月24日は一日中教会にいた。
朝礼拝ではクリスマス礼拝のため聖歌隊として奉唱を行った。
短いクリスマス祝会の後には担当する委員会で、夕方5時からのクリスマスイブ礼拝の準備をした。

昼食は14時過ぎにようやくとり、そしてイブ礼拝の準備を継続。
たまたま教会の前を通りかかった方が興味を持ってくれて、イブ礼拝に参加してくれた。

それで帰宅しようと思ったら、教会員の知り合いのアメリカ人が日本の会社に就職したということで、一緒に忘年会。
自宅に着いたのは23時半頃になった。

前置きが長くなったが、今日25日に有給休暇を取得した理由がこれである。
予期していたわけではないが、こんなことがあっても大丈夫なように事前に休暇を申請して、仕事のスケジュールを調整した。

それでも、平日でなければできない用事もあるので、あちこち回って歩数は 23,969歩にまでなってしまった。
朝はのんびりして、11時半から歯科定期健診。

次いで、駅前の三井住友銀行に行き、小規模企業共済の掛金増額の申請を頼もうとしたところ、支店業務の見直しにより取り扱いできないとのことだ。
一番近い横浜駅前支店を案内されたので急いで移動。
すると混雑のため入場制限をしていた。

私の前には10人ほどが受付を待っており、15分ほどしてから要件伺いがあり、やっと番号札が発券された。
更に10分ほどしてから窓口に申請用紙を手渡し、また10分ほど待って手続きは完了した。

実は、マイナンバーカードを使って申請できるのだが、中小企業基盤整備機構から送られたリンクをクリックしてログインを試みてもエラーが出て進まない。
一体何が悪いのか判明しなかったので、しかたなく銀行窓口に行くことになった。
まあ、滅多に行うことがない手続きなので、ここは我慢しよう。

そして本日メインの目的と言ってもよい、東海道川崎宿起立400年記念の小型印を押しに川崎京町郵便局へ向かった。
まず京急川崎駅まで移動して、駅に近い川崎ソリッドスクエアに寄った。
ここの郵便局にも風景印があるからなのだが、企業が入居しているビルなので、郵便窓口にはやはり並んでいる。

風景印の押印後、15時過ぎにドトールで昼食。
歯科検診の後にフッ素剤を塗ったので、2時間は飲食ができず、おやつの時間に昼食となった。

その後、川崎駅西口局、川崎日進ビル内局を経由して、川崎京町局に到着。
ここでも10分くらい並んで待つことになったが、ベテラン局員がきれいに押してくれた。
フレーム切手は初日完売ということだったので、2003年国際文通週間の川崎宿の90円切手に合わせた。
20年前の発行であるが、1枚だけ残してあってよかった。

京急川崎駅に戻る途中で川崎南町局で風景印を押し、16時40分を過ぎたので、今日はここまでとした。

横浜駅に戻って、そごう横浜店に行き、紀伊國屋書店で注文してあった「アト秒科学で波動関数を見る」を受け取り。
地下食品売り場の RF1 で夕食用のサラダを購入。

混雑していない通路へと迂回したところ、ワインの店が気になった。
「フランケンはありますか?」と聞くと、ありました。
ドイツ留学中のことも交えて店員といろいろと話し、今日は店頭にあった白ワインを購入。
年明けに時間があるときに、フランケンワインの注文の相談をすることにした。

そして、自宅最寄駅直結の商業施設で行われている抽選会へ。
すごい行列で1時間待つ予想であったが、日経サイエンス2024年2月号を読みながら45分くらい経って順番が回ってきた。

抽選券の枚数を確認すると、ガラポンを5回回せることになった。
すると、お買物・お食事券が 500円1枚と 100円券1枚当たった。
昨年は全部外れでポケットティッシュになってしまったので、今年は我慢して並んだかいがあった。

年末年始の休みでは、この券も使っておいしい物を買い、そしてフランケンワインを飲むことにしよう。


川崎宿小型印20231225

昨日からの連休は、5日日曜日の礼拝の準備が主体であった。朝礼拝の司式を担当するので、祈祷文の作成だけではなく、詩編と讃美歌の練習もした。讃美歌の練習では、カワイのスコアメーカーを使って音程やペースの確認もした。歌う時もピンマイクをオンにしているので、パイプオルガンの奏楽に合うように、事前の練習は必須だ。オンライン配信を視聴している方や、感染症対策で教会の別室にて参加している方のために正確に、そして...
第58回全国切手展(JAPEX2023)小型印、そして久しぶりのドイツワイン

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR