fc2ブログ

個人向け国債に加えてJICA SDGs債とソフトバンクみらい創出ボンドに投資

昨年12月にソニー生命の米ドル建一時払い終身保険に加入し、そして今年は新NISAが始まり、旧NISAでの株を移管できないので、しばらくは資産のバランス調整をすることになりそうだ。

基本的には、これまでのようにコツコツ積立を続けながら、年に何回か見直して微調整する方針だ。

今年から変更したものの1つは、小規模企業共済の掛金で、毎月5,000円から 10,000円に増額した。
全額所得控除に使えるので、他の投資からもっと回してもよいのだが、iDeCo と同様に中途換金しない資産なので、無理のない範囲にした。

今日は債券投資についてメモしておこう。

昨年3月から再開した個人向け国債変動10年の投資は、毎月10,000円ずつの積立形式で継続することにした。
15日に第159回の利金 12円が入金したので、第166回の買付に充当した。
利率は 0.400% で、また下がってしまったが、金利を実感するための投資として、そして10年後の交通費を確保する仕送りの意味として続けてみよう。

地方債も考えたが、利率が下がったので今月は別の債券を検討した。
下に示すように、SMBC日興証券で3銘柄の取り扱いがある。

まずは JICA SDGs債への投資を決めた。
利率は 0.294% で予想よりも低くなったが、社会貢献になるので選択した。
ただ、それほどお金持ちでもないので、30,000円の投資にした。
2月1日にまだ残っていたら、ちょうど定期預金が満期になるし、または米ドルでの翻訳料金を換金して追加購入するかもしれない。

社債としては、クレディセゾンとソフトバンクがあり、どちらも 10万円から投資可能だ。
両方は無理なので、今回はソフトバンクみらい創出ボンドに 10万円投資した。
期間が 7年で、償還日が他の債券の間に来るので、ちょうどよいと思う。

これからも積立定期がある程度たまったところで、今回のような個人向けの債券に振り替えてみよう。

 
SMBC債券202401

今年3月から個人向け国債変動10年の投資を再開し、10月には公募地方債の投資も再開した。利率が上がってきたものの、NISAで株に投資して、配当金を非課税で受け取る方が得かもしれない。または、小規模企業共済の積立金額を増やして、所得控除を受けた方が得かもしれない。ただ、定期預金も株式も、どちらも投資金額が 100万円を超えたので、次は債券と外貨の割合を増やしたい。積立定期の代わりのような扱いで、満期償還時に年金...
今月も国内債券でコツコツ少額投資

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR