翻訳作業後の買い物のついでに変換ケーブルを探す

教会の会合では、プロジェクタでスクリーンに資料を投影することもあれば、映画を観たいだとか、活動の紹介動画を見せたいなどの要望に対応することもある。

今月の会合でも、デジタル機器が全く分からないという人が発表者なのに、プロジェクタを使いたいということになってしまった。
発表する本人が主体的に機器設定をすればよいと思うが、PCは使っていても、周辺機器との接続はわからないという人が多い。

よくあることだが、PCとプロジェクタとの間を、何か1本のケーブルでつなげば、テレビのように、映像も音も出るものだと信じている人もいる。

スピーカーが内蔵されていないプロジェクタでは、追加で外部スピーカーが必要であることや、ケーブルの種類やコネクタの大きさ・形状・規格が様々あると説明しても、まったく理解してくれないことも多い。

先日は映画の上映会をしたのだが、そのときはDVDプレーヤーで再生して、ケーブルをプロジェクタと外部スピーカーにつないだ。
その接続について全員に通知していないため、ノートPCでDVDを再生したと思い込んでいる人もいる。

年度初めに、担当可能な
教会の仕事のアンケートがあったのだが、バカ正直に書いた私に、いろいろな人が丸投げしてくる。

もともと日曜日に余計なことをしたくない人は、能力があっても、手伝わなくて済むように、アンケートに答えなかったり、頼まれそうなときにはグダグダと言い訳をしたり文句を言って、頼む気がなくなるように工夫している。

役員の何人かには、係は最低でも3名で構成して、1人にストレスが集中しないように要望しているが、人手不足ということもあるのか、年に数回もないようなプロジェクタの使用のために、特別に係を任命しようとは思わないようだ。

教会を離れてしまう人の中には、信仰の問題ではなく、人間関係や奉仕で疲れたという理由もある。
私も10年くらい前に、心療内科に通院して投薬治療をしていたから、再発しないようにストレス管理に留意したいものだ。

まあ今回は、接続方法が何もわからないという人なので、手伝うことにしよう。

ということで、翻訳の仕事が終わって、18時頃に晩御飯のおかずを買いに行くついでに、家電量販店で変換ケーブルを探すことにした。


今日は教会での礼拝後、いろいろとあって、帰宅時にヨドバシカメラに立ち寄った。ある会員から、次回の会合で紹介する動画を、ノートPCで再生しながらプロジェクタで投影したいという希望があった。毎度のことだが、頼みやすいのか、私が機器の設定を手伝うことになった。教会のプロジェクタで一番明るい機種は、スピーカーが付属していないため、PCのヘッドホン出力をアンプ付きスピーカーに接続することになる。メールで、「...
またまた教会でPCとプロジェクタとの接続で苦労する

続きを読む

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

またまた教会でPCとプロジェクタとの接続で苦労する

(最終チェック・修正日 2017年11月08日)

今日は教会での礼拝後、いろいろとあって、帰宅時にヨドバシカメラに立ち寄った。

ある会員から、次回の会合で紹介する動画を、ノートPCで再生しながらプロジェクタで投影したいという希望があった。
毎度のことだが、頼みやすいのか、私が機器の設定を手伝うことになった。

教会のプロジェクタで一番明るい機種は、スピーカーが付属していないため、PCのヘッドホン出力をアンプ付きスピーカーに接続することになる。

メールで、「ヘッドホンのマーク(🎧)が記された、小さな丸い穴はありますか」と聞くと、「見つかった」とのことだ。
ここから、ステレオミニケーブルを介して、アンプ付きスピーカーに接続すれば、音が出るはずだ。

また、PCにHDMI端子はあるが、ケーブルは持っていないということだ。
教会のプロジェクタは、HDMI入力も可能だが、ケーブルが行方不明となったため、私が自宅で余っているHDMIケーブルを持参することにした。

そして、今日の礼拝後、聖歌隊練習を終えた直後、その会員から、出席する会議が始まるので、今すぐ接続を確認してほしいと頼まれた。

時間がないため、仕方なく、昼食を後回しにして、ノートPCとプロジェクタをHDMIケーブルでつなぎ、映像がスクリーンに投影されることを確認した。

次に、ステレオミニケーブルでアンプ付きスピーカーに接続してみた。
音量を最大にしても、かすかに聞こえるのみ。

別のPC用小型スピーカーを持ってきて、つないでみたが、何も改善しない。
プロジェクタにつないだHDMIケーブルを外して、スピーカーだけを接続してみたが、何も変わらない。

スピーカーも外すと、PCのスピーカーからも、かすかに聞こえるのみ。
本人は、再生ソフトのフレームに表示された、音量のスライダを最大にしているとのことだが、音がほとんど聞こえない。
この時点で時間切れとなり、そのノートPCの設定を確認することもできず、原因不明のまま、私は残されてしまった。

その会議が終わるまで待つこともできず、とりあえず、トラブルの原因について、どのような可能性があるのか、できる限りのことをしようと思った。

続きを読む

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

第104回日本エスペラント大会(横浜)の小型印

今日は、横浜市で開催されている第104回日本エスペラント大会の会場に出かけた。
日本エスペラント協会の案内は次の通り。
www.jei.or.jp/jek2017_tayori/

エスペラントという人工言語が存在することは、中学生の頃に知り、北京放送のエスペラント番組を聞いたような記憶がある。
その後も何度か関係する記事を読んだこともあったが、学習することはなかった。

それで、今日出かけたのは、その大会に参加しようとしたわけではなく、大会記念の小型印を押印するためであった。
小型印の図案は、日本郵政のHPで確認した。
しかし、マリンタワーの切手が手元になかったので、代わりに、みなとみらいの夜景の切手を準備して、会場に向かった。

会場に到着して、サロンという表示の部屋に行ってみると、一番奥に郵便局員らしき人がいた。
そこに向かうと、すぐ横のブースで、大会記念のフレーム切手を販売していた。
62円5枚と82円5枚からなるシートを購入して、そのうち62円を台紙に貼り、小型印を押印してもらった。

下に示したように、大会のシンボルと小型印の図案がほぼ一致しているので、記念になった。

104回日本エスペラント大会

続きを読む

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

バチカン放送のリスナーズ・ニュースのバックナンバーが見つかりそうだ

隣人愛という言葉を知ったのは、高校生のときに聴いたバチカン放送日本語番組であった。
そのとき、バチカン放送への受信報告書に、悪人を赦すことなどできない、できないことを勧めるのはおかしい、という趣旨の感想を書いた。

バチカン放送からはベリカードに加えて、アナウンサーであったシスター石野から手紙と本が届いた。
私の手紙は翌月の番組で取り上げられたが、部活動もあって、そのときは聞き逃してしまった。

最近になって、カトリック広報委員会からの手紙の封筒のみが、実家で発見された。
封筒の裏に書かれた私の両親の感想などの内容から推測すると、バチカン放送に出した私の手紙が掲載された広報誌が入っていたと思われる。
残念ながら、その中身は行方不明となってしまった。

シスター石野に直接お会いしてお話をしたところ、バチカン放送のリスナーズ・ニュースかもしれない、と推測された。

ということで、カトリック中央協議会に、リスナーズ・ニュースのバックナンバーが保管されているかどうかを問い合わせた。
そして約1か月経過して、ようやく回答が届いた。


来月の教会での会合で、隣人愛について考えていることを話す予定だ。ルターが言った 「受洗者皆祭司(万人祭司)」 の実践というわけではないが、自らの信仰の歩みについて、会員と共有することは大切だと思っている。今回は、試練のなかで隣人愛を実践したかどうか、そしてその苦しい時期に骨髄バンクでドナーに選ばれて、強い心を取り戻したことを話す。隣人愛の1つの側面である他人を助けることはできるかもしれないが、もう...
聖パウロ女子修道会を訪問した


続きを読む

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

日曜日は教会で忙しいため期日前投票した

今回の衆議院議員選挙でも、期日前投票をした。
日曜日は教会での奉仕があり、滅多にないことではあるが、夕方の礼拝まで出席する可能性もある。
そうすると帰宅は午後10時頃になるため、今の住所に転居してからは、期日前投票をしている。

以前は、自宅と最寄り駅の間の小学校が投票所だったため、いつもより10分くらい早く自宅を出て、投票してから教会に向かっていた。
今の住所地の投票所は、駅とは反対向きに20分くらい歩くことになるため、投票日当日朝に1時間近く早く出るのは困難な場合もある。

自転車で投票所に行き、朝一番に投票して、すぐに自宅に戻って着替えればよいかもしれないが、今日のように雨だと困難だ。
加えて、日曜日に教会以外のことで時間をかけたくはないため、期日前投票をする方がよいと思っている。

実際に今日は、15時15分頃まで教会で奉仕していた。
礼拝後の聖歌隊練習が終わった直後に、昼食をとる間もなく、バザーの準備をすることになった。

今日は台風対策のために帰宅したからなのか、それともバザーの準備を手伝いたくなかったのか、男性が少なかった。
30代の男性2名が先に手伝っていたが、重い物を運んだりするには人手が足りないということで呼ばれた。

準備がある程度進んでから、14時過ぎになってようやくコンビニに行くことができ、サンドイッチなどを食べて、また作業に戻った。
このように、自分のペースで奉仕できないことを嫌がる人は、礼拝後すぐに帰宅する。
バザーの優先順位が高いと考えている人も多く、手伝わない人を批判する人もいるので、少々困ってしまうこともある。

選挙の話に戻ると、転居して1年半と短いこともあり、地元選挙区の区分けだけではなく、現職が誰なのかも知らなかった。
たまに駅前で、国政報告のビラを配っていることもあるが、名前はまったく覚えていなかった。
そのため、いつものことだが、政党で選ぶこととなった。


続きを読む

テーマ : 衆議院解散・総選挙
ジャンル : 政治・経済

健康保険証の裏側の臓器提供意思表示欄にも記入した

今朝のNHK総合・週刊ニュース深読みでは、臓器移植法20年を迎えたことに関連して、臓器提供の意思表示について取り上げていた。
www.nhk.or.jp/fukayomi/maru/2017/171021.html

私は既に、運転免許証の裏にある臓器提供意思欄で、脳死後でも心臓停止後でも、いずれの場合も臓器提供をすることを明示している。
これで十分かもしれないが、念のため、健康保険証の裏でも、同様に臓器提供の意思表示をした。

臓器提供意思欄について、日本臓器移植ネットワークの説明は、以下の通り。
www.jotnw.or.jp/donation/method.html

私が死ぬ場合を考えているとは、周囲の人たちはあまり考えていないようだが、交通事故死の可能性があると思っているので、すぐに対応してもらえるように意思表示している。

自転車に乗っているときの事故で、これまでに3回骨折しているので、ヘルメットを着用していても、死ぬことがあるかもしれないと考えている。
危険運転をする人に追いかけられたこともあるので、最近のニュースのように、殺される可能性もゼロではない。

ところで、番組に出演した専門家の発言として、ヨーロッパではキリスト教の考え方から、臓器提供の意思表示をする人の割合が、日本よりも多いというものがあった。

キリスト教では、私の命も肉体も、すべて神とイエス・キリストのものであると考えている。
神から命と肉体を与えられて、この地上に派遣されたのだから、地上での命が終われば、私の肉体は神が望むように、例えば、臓器移植で他の命を救うために用いられることが、私の喜びにもなる。

地上に残された家族や友人も、私の死によってのみ生かされる命があることを理解し、臓器移植に賛同してくれると信じたい。

しかし、すべてのキリスト者が、臓器提供を望んでいるわけではない。

ある神学者と対話したとき、他人の死を待っているように思えるので、臓器提供はしたくないし、移植してほしいとも思わない、と言っていた。

臓器提供者を待つ患者やその家族は、他の治療法がないため最後の手段なのであるが、実際には、他人の死を待つことになる。
その思いとは、生きることに執着する人間主体の肉の思いなのだろうか。
それとも、神が本当に、病に苦しむその人を救いたくて、他の臓器提供者になる人を先に天に送ることにしたのか、それは人間にはわからない。

生前の意思表示が大切だということは、父が他界したときに痛感したし、臓器提供に抵抗がないのは、既に骨髄ドナーとして提供したからかもしれない。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

私に牧師になるように勧める人が複数いる

(最終チェック・修正日 2017年10月21日)

私が聖書を実際に読み始めたのは、7年前である。
1年以内に全部読む人もいるが、私はまだ、通読したことがない。
聖書は順番に読む必要はないため、そのときに開いたところを読んで、関連する聖書箇所に移って読んでもかまわない。

そんな初心者のような私だが、教会では複数の人から、牧師になるように勧められている。
50年以上も教会で活動していると、牧師に向いている人が判別できるのだろうか。

先日も、少人数での会合であるが、信仰と現実の社会との狭間で感じる葛藤について、聖書を引用しながら話したので、人前で話すことに向いていると思われてしまったようだ。

教会の役員に推薦されるという話もあり、どちらかを選べと言われれば、役員かもしれない。

役員は、まず候補者として推薦される必要があり、その後、総会での投票で、得票数の上位者から順に任命される。
そのため、私を役員にしたい人がいたとしても、多くの会員が同じ考えを持っていなければ、役員には選ばれない。
システムはそうだが、役員に選ばれるのは、時間の問題だと思われる。

「罪の意識・悔い改め・回心」 という、日本社会では生まれにくいものを重視するためか、そして少子化の時代ということもあって、キリスト教徒は増えていない。
そのため、どこの教会でも人材不足に悩んでおり、現在の役員が引退すれば、希望しなくても私が引き継がなければならないだろう。

私よりも忙しい人でも役員をしているので、翻訳で疲れたから日曜日は教会の仕事をしたくない、などと言い訳しても通用しないだろう。
ただ、あまりに責任が重い役割を与えられて、うつ病寸前の状態に追い込まれた役員もいた。
その人は、人間関係で疲れたこともあり、別の小規模な家族的な教会に移ってしまった。

別の人の場合、役員候補者に推薦されただけで悩んでしまった。
実際には次点となり、補欠ということになったのだが、役員の誰かが転勤や病気などで辞任すれば、繰り上げで役員となる。
役員に向いていないと悩んでいるのに、ある会員が責めるような発言をしたことで、教会に来られなくなってしまった。

他にも類似のケースがあり、私が祈るときには、このような来られなくなった人たちと、もう一度教会で一緒に活動できる日が来るように祈っている。

そのため私も、多数の会員の期待が集まりすぎて、精神的に潰れてしまうのではないかと恐れている。
そんな心配をしている私に、牧師になるように勧めるのは、なぜだろうか。

続きを読む

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

弟に協会けんぽの特定健康診査受診券を転送した

翻訳会社の社内翻訳者となったため、健康保険は、以前の大阪文化芸能健康保険組合を脱退して、全国健康保険教会、いわゆる協会けんぽに加入した。
会社と折半するため、毎月の健康保険料は、約6千円減ることになった。
自治体の健康保険組合と比較すると、半額以下である。

今年から弟に仕送りをして、国民年金保険料と国民健康保険税も払っているため、この機会に弟を扶養家族として申請した。
弟の住民税非課税証明書に、今年初めからの銀行振り込み履歴を添付して申請し、約1週間後に被扶養者用の健康保険証も届いた。

そして今日は、協会けんぽの特定健康診査受診券が届いた。
これは被扶養者用、つまり弟が健康診断を受けたいときに医療機関に提出する書類だ。
www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4030/r90#h1_4

弟の住所地の医療機関一覧を印刷して、一緒に郵送した。
翻訳作業が終わって、駅前スーパーに買い物に行く途中で郵便局に寄って、郵便窓口で出した。
土曜日には届くことだろう。


(最終チェック・修正日 2017年09月13日)昨年8月に正式に翻訳専業の個人事業主となった。副業時代から取引している翻訳会社も含めて、4社から仕事を受注した。収入は月ごとに変動するものの、平均すると税込で40万円を超えているので、特に余裕があるわけではないが、通常の生活を送ることができる。このままフリーランスとして続けるのか、それとも特定の1社と専属契約をするのか、または特許事務所の社員になるのか、選択...
弟を扶養家族として申請してみた


続きを読む

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

原稿のファイルをグーグルドライブで共有したのだが

教会の会報委員会で原稿のファイルを共有化するために、グーグルドライブに保存して、フォルダの共有リンクを委員にメールで通知した。

これで、日曜日に集まって編集会議を行う前に、全員が同じ原稿に目を通すことができるので、話し合いの時間が短縮できるかもしれない。
また、編集会議の議事録や会報などの最終原稿も、グーグルドライブに保存しておけば、添付してあったメールをうっかり削除した場合でも、いつでもアクセスして確認できる。

便利になるのかと期待したが、結局は、原稿を保存したフォルダを圧縮して、全員にメール添付で送ることになった。

グーグルのサービスを日常的に使っている人は、共有リンクを知らせれば、すぐにアクセスして原稿を確認してくれた。

しかし、ある委員は、「何が起きるのか不安で、クリックできなかった」と、メールで連絡してきた。
「間違ってファイルを削除したらどうしよう」などと、使ったことがないサービスは怖いようだ。

別の委員は、グーグルアカウントを持っているものの、ドライブを使ったことがないため、アクセスしなかったという。


私は教会で、会報委員会の手伝いもしている。聖歌隊などの他の奉仕もあって忙しいため、編集に直接関わってはいないが、最終校正や印刷を主に手伝っている。会員に原稿を依頼すると、ワードファイルをメール添付で編集責任者に送ってくれる人も多い。ただし、個人のメールで教会の文書を管理することは面倒であるし、忙しい場合に代理の人に引き継ぐときも面倒だ。ということで、会報とは別に発行する文集について、原稿の送付先と...
委員会で共有グーグルアカウントを作ってみたが


続きを読む

テーマ : Google
ジャンル : コンピュータ

委員会で共有グーグルアカウントを作ってみたが

私は教会で、会報委員会の手伝いもしている。
聖歌隊などの他の奉仕もあって忙しいため、編集に直接関わってはいないが、最終校正や印刷を主に手伝っている。

会員に原稿を依頼すると、ワードファイルをメール添付で編集責任者に送ってくれる人も多い。
ただし、個人のメールで教会の文書を管理することは面倒であるし、忙しい場合に代理の人に引き継ぐときも面倒だ。

ということで、会報とは別に発行する文集について、原稿の送付先として、Gmail アドレスを取得することにした。
そうすれば、委員の誰でも、自宅にいても確認できるので便利だということになった。

最初にグーグルアカウントを作るわけだが、全員がメールを使ってやり取りをしているはずなのに、誰もやりたいとは言い出さない。
結局、いつものことなのだが、私が設定することになった。

このように教会では、なるべく年齢が若い人へ、自分よりも得意そうな人へ、そして断ることがないと思われる人へ、様々な仕事が押し付けられてゆく。

会員の中にはシステムエンジニアもいるが、日曜日には本業と違うことをしてほしいので、その人には頼まないように、私から周囲に伝えてある。
そのため、教会PCの管理ができそうな別の人に声がかかったのだが、その人はなんだかんだと言い訳をして手伝おうとしなかった。
ということで、ウイルスソフトの導入を提案した私が、管理者に指名されそうで、少々びくびくしている。

私は既にグーグルアカウントを持っているので、新しいアカウントの追加をした。
セキュリティ関係の通知先として、私のスマートフォンと、個人の Gmail アドレスを設定した。

設定後、教会のPCを使って、会報委員会の編集責任者に、Gmail の使い方を実演した。
その後、私がテストメールを送信して、責任者が自宅からアクセスしてみて、会報委員会専用の Gmail が使えることを確認した。

それで安心していたところ、既にグーグルアカウントを持っている委員がアカウントの追加をしたときに、少々面倒なことが起きた。

続きを読む

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR