「きょうだいリスク」について再び取材を受ける

2年ほど前、「きょうだいリスク」に関するアンケートがあった。
その回答に連絡先を記入したので、記者から取材の申し込みがあった。

障碍者の姉は、福祉団体が面倒を見てくれる予定で、自治体の補助金が取得できれば、実家をグループホームにしたい。
ダウン症の姉は、I型糖尿病を発症して、毎日インスリンを自分で注射している。
血糖値管理のために、食事に留意したり、間食の取り方なども指導しなければならない。

実家に戻って世話をしろ、と言いたい人もいるかもしれないが、それはグループホーム開設が実現しなかった場合に考えることにしている。
それでも、障碍者の支援は、家族がすべてを抱え込まないように、自治体や地域社会に担ってもらいたい。

翻訳の仕事は、どこでもできるかもしれないが、社員としての仕事もあるし、私には教会での人間関係もあるので、60歳までは現状のままを予定している。

姉のことは、父が生前に契約してくれた個人年金もあり、なんとかなりそうなので、それほど心配はしていない。
取材を受けているときに明確になったのは、就職できない弟の存在が、「きょうだいリスク」を象徴していることである。

その取材から2年経過し、私は勤務先が閉鎖されて転職を余儀なくされ、翻訳者として独立し、そして今年は翻訳会社の社内翻訳者となり、なんとか生活を維持して老後に備えようとしている。

しかし、弟の状況は何も変わらず、今回の追跡取材でも、深刻な状況であることが記者には伝わったようだ。
前回の取材後も、似たような状況にある人たちから、出版社あてに手紙やメールが届いたそうだから、私は代表で取材を受けているようなものだ。

年明け頃に記事になるときには、専門家などからのコメントも記載されることだろうから、全国の似たような問題を抱えている家族に何かヒントが与えられることを祈りたい。

(最終チェック・修正日 2017年02月04日)今月の翻訳案件は、今朝の納品でなんとか終わった。翻訳料金は、源泉徴収後で約61万円なので、予算の40万円を上回っている。しかし、このペースで1年間続けるのは大変ではないかと感じた。ワード数が4万を超える英日翻訳が1件あり、これが一番大変だった。1か月前にファイルをもらっていたからスケジュールは楽なはずだったが、他にも独日翻訳やチェックなどを受注したため、本来...
続「きょうだいリスク」を考える:弟を2020年までに自立させられるか?


続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Windowsの画面が出ないときは、まず放電?

以前にも書いたように、教会の共用PCの責任者が決まっていないため、何かトラブルがあると、専門家ではないのに、話しかけやすい私が対応することになる。

昼食後の作業がいくつか済んだので、帰宅しようかなと思っていたら、共用PCで原稿を書こうとした人が、スリープ状態から復帰しないと相談してきた。

仕方ないので、電源ボタンを長押しして、強制終了した。
そして1分ほど放置してから、再度電源ボタンを押したが、Windowsが起動しない。

強制終了から繰り返してみると、今度はセーフモードを選択できる画面が出てきたので、セーフモードで起動してから、シャットダウンした。
そして電源ボタンを押したが、何も変わらない。

何週間か前にも同様のトラブルがあり、そのときは別の人が解決したそうだ。
しかし、その解決法について覚えていないとのことだった。
その解決した人は、会議中だったので、終わるのを待つことになった。

会議が終わってから聞いてみると、前回は、電源コードを抜いて放電すると解決したそうだ。
今回も、電源コードを抜いて、2分ほど放置してから差し直して、そして電源ボタンを押した。
すると、今度はWindowsが起動して、デスクトップ画面が表示された。

その後、エクセルなどの編集やインターネット接続もできることを確認した。

帰宅してから、このようなトラブルの対処について検索してみると、今回のように「放電する」というものがあった。
net-shitsuji.jp/pc/repair/content/start-standard.html

この説明を読むと、USBなどで接続している周辺機器も外すとあるので、同じトラブルが起きたときには、全部外してみよう。

続きを読む

テーマ : パソコン
ジャンル : コンピュータ

教会でのデジタル化は進むだろうか

現在は様々なデジタル機器が普及しているが、すべての人が使っているわけではなく、デジタルデバイドも問題となることがある。
私は高校生のときからパソコンを使い始めて、今では翻訳の仕事のために必需品とまでなった。
それでも、コンピューターやその他デジタル機器が特に得意ということもない。

スマートフォンを使って、外出先でメール添付された原稿を確認するようなこともしていたが、在宅時間が長いので、タブレットやモバイルノートPCを導入する予定はない。

ブログ投稿は12年ほど継続しているものの、Facebookの案内が知り合いから来ても無視したりと、自分には不要と思っていることはしない。

そんな私であるが、教会の仕事をしていて、もう少しデジタル化の流れに乗ってもよいのではないかと思うこともある。

教会の公式HPはあるものの、昔ながらのHTMLを入力して文字を表示している簡単なものだ。
無料で提供されているHP作成サービスの方が、もっと魅力的なページを作ることができるのに、誰も変えようとしない。

少子化が進む将来にわたって、青少年向けに伝道するには、もっと興味を引くようなHPにしたいと思っている。
しかし、「ネットを使わない高齢者のことを考えていない」などと、批判されてしまうこともある。

聖書の文字が小さくて読めないという高齢者や弱視の方がいるため、例えば、聖書アプリをインストールしたタブレット端末を導入して、好みの大きさに文字を拡大して読んでもらえたらと思っている。
しかし、導入する予算を確保することは困難で、本人が自ら用意すべきではないかという話になってしまう。

教会には、メールを使わない人もいて、急ぎの連絡なのに、電話かFAXしか手段がないこともある。
会員それぞれのデジタル社会への対応が異なるため、必要性を理解してもらうことが困難な場合もある。

そんな現状なので、先日のように、PCで再生する動画をプロジェクタで投影したいという人が、ケーブル1本でなんでもできると思い込んで気軽に頼みにくるのだ。

もう少し世代交代が進めば、自然とデジタル化は進むのかもしれないが、印刷物だけでも減らせないものかと思っている。

続きを読む

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

割引が適用されていないエラーのためノートPCの注文をやり直し

(最終チェック・修正日 2017年11月14日)

金曜日の夜にHPの公式オンラインストアでノートPCと周辺機器一式を注文した。
約15万4千円をVISAデビットで支払い、注文が確定したので、安心して翌日の土曜日は小型印押印で一日外出した。

すると何度か、スマートフォンに着信があった。
知らない番号なので無視していたが、帰宅してからその番号を確認すると、HPのカスタマーサービスであった。
こちらから電話をしても、担当部署もわからないし、メールでは注文画定の連絡が来ていたので、重要ではないと考えて、そのままにしておいた。

今日の夜に、着信に気付いたので出てみると、割引が適用されていないエラーが発生したため、正しい金額で注文をやり直すことになったそうだ。

ノートPCのカスタマイズをしているときに、「平日深夜4%割引」のポップアップが出た。
それをクリックして割引の適用が有効になったのだが、金額の計算内訳に表示された「特別割引」の欄は、0円のままだった。
少し変だなと思ったが、既に本体価格の割引があったため、適用されなかっただろうと解釈して、支払いまで済ませていた。

固定資産の一括償却で国税還付を受けることができるので、4%割引の5千円程度は無視していたが、他の購入者から、4%割引が適用されていないという問い合わせがあったため、私にも連絡したということだ。

HPの割引キャンペーンを目にして、3年ほど考えていたノートPCの買い替えを、本日決断した。どうも私は、じっくり考えているかと思えば、いきなり決断して購入まで進むことがよくある。現在使用中のデルのノートPCは、製造から8年になるので、不具合が突然発生するリスクは高まっていると感じている。不安を感じながら翻訳の仕事をするのは辛いので、お金で解決できるのだから、新規購入を決断した。HPにしたのは、先日、...
HP公式オンラインストアでノートPCを注文した


続きを読む

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

Windows 10の設定の画面が少し異なっていて焦った

これまで何度か書いたように、教会の会合で使うため、発表者のHPノートPCをプロジェクタと外部スピーカーに接続することになった。

接続方法が全くわからないとのことで、設定を頼まれていたのだが、前回のテストではスピーカーから音が出ずに時間切れとなった。
ヘッドホン出力からステレオミニケーブルで、アンプ付きスピーカーに接続したが、何も聞こえない。

HPのカスタマーサポートなどで調べてみると、ヘッドホン出力のポートと思っていたものは、マイク入力も備えた4極のコンボポートであった。
更に調べてみると、CITA規格であると判明した。スピーカーに接続するステレオミニケーブルは3極なので、変換ケーブルが必要となる。
家電量販店で見つけた変換ケーブルは、CITA規格と書いてあったので、これを購入して会合の当日朝に、音が出るかどうかをチェックすることになった。

当日朝にチェックするという、ぶっつけ本番は嫌なものだ。
だめだった場合は、もう時間もなくて仕方ないので、PCの内臓スピーカーで音を出して、マイクでひろってアンプ付きスピーカーから出せばいいと、発表者は言っていた。

まず、変換ケーブルを使ってスピーカーにつないだが、音は出なかった。

ということで、サウンドの設定を確認するために、スタートボタンから「設定」を選んで表示した。
「デバイス」をクリックして項目を表示したが、私のPCでは出てくるのだが、「関連する設定」の下にあるはずの「サウンドの設定」がない。

ということで、近くで別の
作業をしていた会員がやってきて、スマートフォンで検索しながら一緒に画面を見てくれた。
すると、タスクバーにあるスピーカーのアイコンを右クリックして、「再生デバイス」または「サウンド」をクリックすればよいことがわかった。

「再生」のタブで確認すると、コンボポートに外部スピーカーが接続されていることが表示されたが、既定のデバイスとしてPC内蔵スピーカーが選択されたままであった。

外部スピーカーを選択して、「構成」をクリックして、「テスト」を押し、外部スピーカーから音が出ることを確認した。
そして、PCで動画を再生して、音が出ることを確認した。

また、プロジェクタの投影画像を確認して、スクリーン上での位置などを調整した。

教会の会合では、プロジェクタでスクリーンに資料を投影することもあれば、映画を観たいだとか、活動の紹介動画を見せたいなどの要望に対応することもある。今月の会合でも、デジタル機器が全く分からないという人が発表者なのに、プロジェクタを使いたいということになってしまった。発表する本人が主体的に機器設定をすればよいと思うが、PCは使っていても、周辺機器との接続はわからないという人が多い。よくあることだが、P...
翻訳作業後の買い物のついでに変換ケーブルを探す


続きを読む

テーマ : Windows10
ジャンル : コンピュータ

森鴎外の小型印など

土曜日の今日も、翻訳作業の疲れとストレスを解消するために、小型印押印をして歩き回った。

様々なイベント会場で、期間限定の小型印を使用することがある。
国民体育大会や国際会議などの大きな規模のイベントでは、記念切手が発行されることもあり、そのときは記念切手と小型印の組み合わせで押印してコレクションする楽しみがある。

最近では、先週の日本エスペラント大会のように、発売数や地域を限定したフレーム切手を発行することもあるので、図案に合う切手がなかったとしても、会場やその地域の郵便局に行けば、ふさわしい切手が入手できることもある。

それで今日は、まずJR東日本の休日おでかけパス 2,670円を購入して、湘南新宿ラインを使って大宮駅に向かった。
1時間以上乗ることになるが、乗り換えなしで行けるのは、やはり楽だ。

改札を出ると、上越新幹線開業35周年記念のイベント会場の近くに、年賀はがき売り場と一緒に、小型印の出張所があった。
合わせた切手は、1982年発行の上越新幹線開通記念である。
つまり35年前の切手とのコラボだ。

会場には記念のフレーム切手もあったし、最近の鉄道切手では、最新の上越新幹線の車両もあるが、開業時の200系車両が印象に残ってもいるし、小型印の図案の左側でも目立っているので、この組み合わせにした。

   上越新幹線35年    音楽切手研究会25年      森鴎外記念館5年 
   上越新幹線開業35周年記念   JPS音楽切手研究会25周年  文京区立森鴎外記念館5周年記念


続きを読む

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

翻訳作業後の買い物のついでに変換ケーブルを探す

教会の会合では、プロジェクタでスクリーンに資料を投影することもあれば、映画を観たいだとか、活動の紹介動画を見せたいなどの要望に対応することもある。

今月の会合でも、デジタル機器が全く分からないという人が発表者なのに、プロジェクタを使いたいということになってしまった。
発表する本人が主体的に機器設定をすればよいと思うが、PCは使っていても、周辺機器との接続はわからないという人が多い。

よくあることだが、PCとプロジェクタとの間を、何か1本のケーブルでつなげば、テレビのように、映像も音も出るものだと信じている人もいる。

スピーカーが内蔵されていないプロジェクタでは、追加で外部スピーカーが必要であることや、ケーブルの種類やコネクタの大きさ・形状・規格が様々あると説明しても、まったく理解してくれないことも多い。

先日は映画の上映会をしたのだが、そのときはDVDプレーヤーで再生して、ケーブルをプロジェクタと外部スピーカーにつないだ。
その接続について全員に通知していないため、ノートPCでDVDを再生したと思い込んでいる人もいる。

年度初めに、担当可能な
教会の仕事のアンケートがあったのだが、バカ正直に書いた私に、いろいろな人が丸投げしてくる。

もともと日曜日に余計なことをしたくない人は、能力があっても、手伝わなくて済むように、アンケートに答えなかったり、頼まれそうなときにはグダグダと言い訳をしたり文句を言って、頼む気がなくなるように工夫している。

役員の何人かには、係は最低でも3名で構成して、1人にストレスが集中しないように要望しているが、人手不足ということもあるのか、年に数回もないようなプロジェクタの使用のために、特別に係を任命しようとは思わないようだ。

教会を離れてしまう人の中には、信仰の問題ではなく、人間関係や奉仕で疲れたという理由もある。
私も10年くらい前に、心療内科に通院して投薬治療をしていたから、再発しないようにストレス管理に留意したいものだ。

まあ今回は、接続方法が何もわからないという人なので、手伝うことにしよう。

ということで、翻訳の仕事が終わって、18時頃に晩御飯のおかずを買いに行くついでに、家電量販店で変換ケーブルを探すことにした。


今日は教会での礼拝後、いろいろとあって、帰宅時にヨドバシカメラに立ち寄った。ある会員から、次回の会合で紹介する動画を、ノートPCで再生しながらプロジェクタで投影したいという希望があった。毎度のことだが、頼みやすいのか、私が機器の設定を手伝うことになった。教会のプロジェクタで一番明るい機種は、スピーカーが付属していないため、PCのヘッドホン出力をアンプ付きスピーカーに接続することになる。メールで、「...
またまた教会でPCとプロジェクタとの接続で苦労する

続きを読む

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

またまた教会でPCとプロジェクタとの接続で苦労する

(最終チェック・修正日 2017年11月08日)

今日は教会での礼拝後、いろいろとあって、帰宅時にヨドバシカメラに立ち寄った。

ある会員から、次回の会合で紹介する動画を、ノートPCで再生しながらプロジェクタで投影したいという希望があった。
毎度のことだが、頼みやすいのか、私が機器の設定を手伝うことになった。

教会のプロジェクタで一番明るい機種は、スピーカーが付属していないため、PCのヘッドホン出力をアンプ付きスピーカーに接続することになる。

メールで、「ヘッドホンのマーク(🎧)が記された、小さな丸い穴はありますか」と聞くと、「見つかった」とのことだ。
ここから、ステレオミニケーブルを介して、アンプ付きスピーカーに接続すれば、音が出るはずだ。

また、PCにHDMI端子はあるが、ケーブルは持っていないということだ。
教会のプロジェクタは、HDMI入力も可能だが、ケーブルが行方不明となったため、私が自宅で余っているHDMIケーブルを持参することにした。

そして、今日の礼拝後、聖歌隊練習を終えた直後、その会員から、出席する会議が始まるので、今すぐ接続を確認してほしいと頼まれた。

時間がないため、仕方なく、昼食を後回しにして、ノートPCとプロジェクタをHDMIケーブルでつなぎ、映像がスクリーンに投影されることを確認した。

次に、ステレオミニケーブルでアンプ付きスピーカーに接続してみた。
音量を最大にしても、かすかに聞こえるのみ。

別のPC用小型スピーカーを持ってきて、つないでみたが、何も改善しない。
プロジェクタにつないだHDMIケーブルを外して、スピーカーだけを接続してみたが、何も変わらない。

スピーカーも外すと、PCのスピーカーからも、かすかに聞こえるのみ。
本人は、再生ソフトのフレームに表示された、音量のスライダを最大にしているとのことだが、音がほとんど聞こえない。
この時点で時間切れとなり、そのノートPCの設定を確認することもできず、原因不明のまま、私は残されてしまった。

その会議が終わるまで待つこともできず、とりあえず、トラブルの原因について、どのような可能性があるのか、できる限りのことをしようと思った。

続きを読む

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

第104回日本エスペラント大会(横浜)の小型印

今日は、横浜市で開催されている第104回日本エスペラント大会の会場に出かけた。
日本エスペラント協会の案内は次の通り。
www.jei.or.jp/jek2017_tayori/

エスペラントという人工言語が存在することは、中学生の頃に知り、北京放送のエスペラント番組を聞いたような記憶がある。
その後も何度か関係する記事を読んだこともあったが、学習することはなかった。

それで、今日出かけたのは、その大会に参加しようとしたわけではなく、大会記念の小型印を押印するためであった。
小型印の図案は、日本郵政のHPで確認した。
しかし、マリンタワーの切手が手元になかったので、代わりに、みなとみらいの夜景の切手を準備して、会場に向かった。

会場に到着して、サロンという表示の部屋に行ってみると、一番奥に郵便局員らしき人がいた。
そこに向かうと、すぐ横のブースで、大会記念のフレーム切手を販売していた。
62円5枚と82円5枚からなるシートを購入して、そのうち62円を台紙に貼り、小型印を押印してもらった。

下に示したように、大会のシンボルと小型印の図案がほぼ一致しているので、記念になった。

104回日本エスペラント大会

続きを読む

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

バチカン放送のリスナーズ・ニュースのバックナンバーが見つかりそうだ

隣人愛という言葉を知ったのは、高校生のときに聴いたバチカン放送日本語番組であった。
そのとき、バチカン放送への受信報告書に、悪人を赦すことなどできない、できないことを勧めるのはおかしい、という趣旨の感想を書いた。

バチカン放送からはベリカードに加えて、アナウンサーであったシスター石野から手紙と本が届いた。
私の手紙は翌月の番組で取り上げられたが、部活動もあって、そのときは聞き逃してしまった。

最近になって、カトリック広報委員会からの手紙の封筒のみが、実家で発見された。
封筒の裏に書かれた私の両親の感想などの内容から推測すると、バチカン放送に出した私の手紙が掲載された広報誌が入っていたと思われる。
残念ながら、その中身は行方不明となってしまった。

シスター石野に直接お会いしてお話をしたところ、バチカン放送のリスナーズ・ニュースかもしれない、と推測された。

ということで、カトリック中央協議会に、リスナーズ・ニュースのバックナンバーが保管されているかどうかを問い合わせた。
そして約1か月経過して、ようやく回答が届いた。


来月の教会での会合で、隣人愛について考えていることを話す予定だ。ルターが言った 「受洗者皆祭司(万人祭司)」 の実践というわけではないが、自らの信仰の歩みについて、会員と共有することは大切だと思っている。今回は、試練のなかで隣人愛を実践したかどうか、そしてその苦しい時期に骨髄バンクでドナーに選ばれて、強い心を取り戻したことを話す。隣人愛の1つの側面である他人を助けることはできるかもしれないが、もう...
聖パウロ女子修道会を訪問した


続きを読む

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR