獣医教育の改革が遅れたことが加計学園に有利に働いた?

私は元々大学で研究することを望んでいたし、父が獣医で農協関係の団体で働いていたから、この数か月話題となっている加計学園の獣医学部新設に関わる報道を毎日気にしていた。

私が加計学園に関係しているかどうか、そして父がどの大学を出たのかは、ここでは個人情報に関するため公開しないことにしたい。
そのため、これから書く内容は、引用した資料が存在しない場合、伝聞のこともあれば、私が直接見たことも含む。

私の率直な意見として、この加計学園の獣医学部は、最初に
優秀な教員と研究者を確保すれば、なんとかなりそうだ。
海外で研究している日本人をスカウトするのかもしれないし、傘下の大学から異動させるのかもしれない。
ただし人選を誤ったり、論文数が少なければ、中間評価時などに特区の条件を満たしていないという批判が起きるリスクもある。

加計学園ではこれまで、幼稚園から大学までの様々な学校や各種学校などを設立し、それぞれの理事長などの要職は、加計一族でほとんど占めている。
20年くらい前にも、大学関係者から、親族の人数分の学校を作っている、と悪口を言われていた。

今回も、親族の誰かにプレゼントするために獣医学部を作りたかったのではないかと思っていたら、理事長の息子が獣医だという。
今は傘下の倉敷芸術科学大学の講師で、獣医学博士を目指して、他大学院に社会人学生として在籍中のようだ。

ということで、息子の博士号取得に合わせて獣医学部を新設し、運営を任せるのかもしれない。
www.kusa.ac.jp/teachers/satoru-kake/ (倉敷芸術科学大学の教員紹介)

加計学園は、その傘下の大学の入試偏差値がそれほど高くないこともあり、「単なる卒業証書販売業」という批判を聞いたことがある。
「夜の帝王」と呼ばれた理事長は、世界最先端の研究のみならず、教育にどれほど興味あるのだろうか。

また、傘下の大学には、文部科学省の天下りの他に、国立大を定年退官した有名教授をスカウトしている。
その学会重鎮の力で国から予算を確保し、ハイテクリサーチセンターなどの付属施設も作っている。
大学では常に何らかの工事が行われており、業者の仮出張所が大学敷地内にあるが、これは常駐と同じだ。
癒着とまでは言えないものの、研究すると言って国から予算を取り、そして仲良しの建設業者に分配しているようなものだ。

これからは少子化で潰れる大学も出てくるのだから、せめてまともな運営をして、学生が困ることがないようにしてほしいものだ。

ただ、文部科学省や日本獣医師会などの関係者が、もっと早く獣医教育改革を実現していれば、安倍首相などに抵抗勢力と呼ばれることもなく、加計学園に有利に働くこともなかったのではないだろうか。

続きを読む

テーマ : 大学
ジャンル : 学校・教育

教会で映画上映会をしたいとのことで私が担当になった

(最終チェック・修正日 2017年06月18日)

私が毎週日曜日に活動しているプロテスタント教会では、様々な行事や会合がある。
私は役員ではないものの、聖歌隊や会報委員会など、複数の役割を担っている。
バザーの準備などで忙しい時は、土曜日だけではなく、平日にも教会に行くことがある。

出張が多い人や、高齢の人たちには頼みにくいこともあるので、蛍光灯を交換するという雑用も含めて、私に頼む人が多い。
というのも、特に男性だが、何か用事を頼んでも、引き受けた後で愚痴を言ったり、断るときにあれこれ言い訳をする人もいるので、頼んだ方は面白くない。
そのため、時間をやりくりして手伝おうとする私に、いろいろな仕事が集中してしまう。

教会では、会員それぞれが自分の得意な分野を活かして奉仕をするのだが、奉仕が義務だと考える人がいたり、貢献度を査定するような人がいると、人間関係が壊れる原因となる。
また、奉仕に頑張りすぎて精神的に潰れてしまう人もいる。

私の場合、個人事業主は暇だと勘違いする人もいるので、例えば、平日に教会を掃除する奉仕を頼まれたこともある。

それで今年は、映画の上映会が最低2回予定されており、私が映写の設定担当となった。


会社員のとき、社内報の編集委員もしていて、ノートPCを回線に接続するテレビ会議を利用していたので、所属部門でも担当者となった。システムの説明会には私が出席して、その後の報告会などの場を利用して、所属部員全員がテレビ会議の回線設定などができるようにするはずだった。しかし、デジタルデバイドという問題は、一民間会社でも顕著であり、PC画面の映像がプロジェクタで投影できないなど、トラブルが多発した。その都...
教会でもプロジェクタ投影で苦労すると思わなかった



続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ズッキーニは調理前に苦いかどうかを確認しよう

今日は、朝にドイツ語和訳案件の推敲を終了して納品した。
「ボルト」にするはずの部品名が、なぜか「ばね」になっていて焦った。

その後は、今年3月から継続的に受注している英文特許の抄録和訳のチェックをした。
この案件では、機械翻訳を参考にしてほしいとのことだったが、辞書の設定が適切ではないためか、バイオ系の特許で cell が「細胞」になるはずなのに、なぜかほとんど「電池」または「セル」になっている。

そして夕方には、毎年受注している、試験問題の英訳チェックを受注した。
担当者からの要望として、英訳を直接修正すると翻訳者と揉める原因になるそうで、コメント機能で修正の提案にしてほしいとのことだった。

解釈が異なる部分について提案しても、頑固な翻訳者だと聞き入れてもらえず、納期までに修正が終わらなかったら、クライアントが困ってしまうかもしれない。

この気をつかいそうなチェック案件は、いろいろと考え過ぎて疲れるかもしれないので、明日の朝から始めることにして、ズッキーニのチーズ焼きを作って夕食をとることにした。

今日は昼食前に自転車で約40分走って、マルエツに買い物に行った。
Tポイントの交換で得た500円クーポンと、5%割引クーポンを使うためだ。

夏野菜のズッキーニは、税別98円と安い方だったので即決した。
チーズは、ピザ用チーズにしようかと思ったが、子どものときから好きなブランドの小岩井乳業のチーズを選び、今回は発酵バター入りとろけるスライスチーズにした。

冷蔵庫内に余っていたカボチャとアスパラガスを加えて、ズッキーニのチーズ焼きを作った。
ズッキーニとカボチャは同じ仲間だが、カボチャの甘さを加えたかった。
フライパンで一度焼いてからグラタン皿に入れ、黒コショウを加えて、スライスチーズとパルメザンチーズを乗せて、ヘルシオのウォーターオーブンメニューで20分間加熱した。

ズッキーニ 

今回も、ズッキーニは、調理前に生のままかじって、苦いかどうかを確認した。


続きを読む

テーマ : 今日の晩ご飯
ジャンル : グルメ

久しぶりに平日夜の電車に乗った

昨日9日納期のドイツ語和訳案件は、前日深夜に Trados の返却パッケージを提出し、9日昼過ぎに確認のメールが来たので終了となった。
そして、中断していた他社案件を再開して、夕方までに1件が終了した。
すぐに推敲を始めてもよいが、実際の納期はまだ先なので、翌日以降に推敲することにして、別の案件を始めた。
推敲する前に、1日あけて頭を第三者的モードに切り替えた方がよいので、やはりスケジュールには余裕を持たせた方がよい。

そして夜は、障がい児のためのチャリティ映画会に誘われていたため、都内に向かった。
1か月前に誘われたのだが、緊急の翻訳案件があるかもしれないため、前売り券を買わずに、参加は当日決めることにした。

会場への往復で、久しぶりに平日夜の電車に乗ることになった。
自宅で翻訳をするようになってから、電車に乗る機会は、ほとんどが、日曜日に都内の教会への往復のみとなった。
日曜日も電車は込むが、平日夜は仕事帰りの人たち、そして酔っ払いが多いので、かなり様子が違う。

そして、田舎育ちの私にとって、今になっても都会の混雑する電車は、どうしても合わない。
背が高い方なので、満員電車であっても息ができるので、まだ楽かもしれない。
それでも、体が大きいためか、意図的に邪魔をしているわけでもないのに、仕返しのように無言でぶつかる人や荷物を押し付ける人が後を絶たない。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

サントリー・ボス ラテベース×カルビー・フルグラを試した

自宅を事務所代わりにして翻訳をしているため、食事はほとんど自宅で済ませている。
外食をするのは、教会に行く日曜日くらいで、月に 5,000円未満だ。

1人暮らしだから、好きなものを食べているわけだが、翻訳の仕事を長く続けられるように、なるべく健康に配慮した食事にしようと考えている。
それでも、翻訳は締め切りに追われて忙しいので、手の込んだ料理をする機会はあまりない。

ということで、スーパーやデパ地下の惣菜に加えて、レトルト食品などを組み合わせて、自分で作るのは味噌汁とカボチャの煮物、サバの塩焼きという、いわゆる手抜き調理も多い。

朝食はパンとカフェオレということがほとんどで、昼食もスパゲッティやうどんで簡単に済ませることが多い。
その昼食も週に2回は、明治ブルガリアヨーグルト・なめらかリッチ・はちみつ仕立てにシリアルを入れて、オレンジジュースとバナナを追加するだけということもある。
夕食も時間がなければ、パンとサラダだけという日もある。

肉類は、ハム・ソーセージ・鶏肉が中心で、しかも毎日食べるわけでもない。
地球温暖化対策で、週に1日は肉なしの食事にしよう、という運動もあるが、私は無意識のうちに、既に実践していた。

それで昼食によく食べるシリアルなのだが、カルビー・フルグラの他に、最近注目のスーパー大麦入りの製品を主に購入している。
いつもは明治ブルガリアヨーグルトと混ぜて食べているのだが、たまに違う食べ方をしたくなる。

そんなことを思っていたら、テレビ東京のWBSで、サントリーがカルビーとコラボして、フルグラに合うラテベース・スイートメープルを発売することを知った。
そのニュースのリンクと、サントリーのニュースリリースは次の通り。
www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_132756
www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0537.html


ボスラテフルグラ



続きを読む

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

教会のPCのウイルス対策はどうしようか

先週末から WannaCry という名の身代金要求型ウイルス、ランサムウェアが話題となっている。
ちなみに、ドイツ語では、Erpressersoftware。

私が使っているノートPCは Windows10 にしてあり、毎日自動で Windows Update を行い、このウイルスの報告が出てからは手動でも確認しているおかげなのか、現時点では被害はない。

加えて、ノートン360を入れてあり、更新のダウンロードも、なるべく手動で1日に数回確認するようにしている。

このように注意しているのは、約15年前の経験があるからだ。
ある出版社からのメールだと勘違いして、添付ファイルを開いたところ、ウイルスに感染してしまい、VAIOノートを完全初期化することになった。

このときはまだ翻訳をしていなかったが、今は大変なことになるので、より慎重になっている。

自分のPCだから、ある程度自己責任で管理すればよいのだが、教会の共通PCのウイルス対策をどうするのか心配になっている。

教会のデスクトップPCは、Windows7 で、ノートPCは、Windows8.1 だ。
デスクトップPCは、一度試しに Windows10 にアップグレードしたのだが、お年寄りの使用者から、自宅PCと違うので使いにくいと苦情を受けて、Windows7 に戻してしまった。

また、補助的にのみ使用しているノートPCは、私が5月7日に確認したところ、Windows Update を3月以降実施していなかった。
そのため手動で更新を確認して、必要なインストールを行った。

使用頻度が高いデスクトップPCは、毎日12時に自動で更新を確認しているものの、なぜか更新が最後まで終わらず、インストールされない更新がある。

会員にはシステムエンジニアの方もいるが、日曜日に本業に似た仕事をさせるのは酷なので、私が対応しようかと思っている。
ただし、教会のPC担当ははっきりとは決まっていないため、なし崩し的に私が責任者になるような気がして、少々びびっている。

私は担当者でもないのに、「ウイルスバスターのメッセージが出るけど何なのかな?」 などという質問が、いきなりくる。
教会の人たちは、悪意はないものの、他人に頼ろうという人が多すぎるので、困ることもある。

続きを読む

テーマ : セキュリティソフト
ジャンル : コンピュータ

今年初めて服を買う(ラコステのポロシャツ)

私が服を買うことは、ほとんどない。
前回購入したのは、昨年の12月で、ユニクロのヒートテック商品であった。
サイクリングで着るアディダスのトレーニングウェアを購入したのは、3年前だった。
10年ほど前のトレーナーや、ラルフローレンのドレスシャツも、まだ使っている。

今は弟への仕送りがあるので、出費を抑えたいところであったが、気温が上がって来たので、3年ぶりにポロシャツを買おうかと思った。

今日も自転車で、片道35分ほどの距離にあるショッピングモールに行った。
さまざまなブランドがあるが、サイズが合うものとして、ラコステのポロシャツを選んだ。
胸囲が112cmなので、サイズは5。このサイズはいつも、セール前になくなってしまうので、あるうちに買わないといけない。
4月の翻訳料金が予算よりも多かったから買ったが、秋冬物は買わないかもしれない。

ポロシャツの他に1点購入すると、トートエコバッグまたはマグカップがもらえるとのことだった。
ポロシャツ以外に欲しいものが思いつかないので、ポロシャツを2点購入して、エコバッグをもらった。


ラコステポロシャツ  ラコステエコバッグ
      購入したラコステのポロシャツ                  ポロシャツ+1アイテムのノベルティのエコバッグ


続きを読む

テーマ : メンズファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

サイクリング後のシャワー用に「ナイーブ冷凍みかん」を買う

連休明けが納期の独日翻訳は、ワード数が少なめだったこともあり、昨日の夕方までに一通り和訳したので、推敲を残すのみ。
別の案件として、特許抄録の校正を受注しているが、これは連休明けに始めても間に合う分量なので、この連休はのんびり過ごす予定だ。

予定の1つとして、旧約聖書のエゼキエル書を読むことにしている。全部で48章のうち、今日の昼までに26章まで読んだ。
10月に教会で話すことに関連している箇所なので、日曜日には教会の図書室にある講解書も読んでいる。
特に33章の「見張りの務め」に注目して、敵であっても警告を発することについて、隣人愛の観点から話をする予定だ。

また、4月は翻訳のボリュームが多めで、サイクリングをする余裕がなかったため、この連休はできるだけ運動をしようと考えている。
ただし、体力を取り戻すために、片道30分程度の 「買い物サイクリング」 にして、無理をしないことにした。

今日の買い物は、いつもと違うダイエーに行った。
ダイエーの3%割引の優待の期限が今月末なので、できるだけ使いたいから。

日用品の安売りを探していたところ、ボディーソープのクラシエ・ナイーブ 「冷凍みかん」 が目にとまった。
これから暑くなるので、サイクリング後のシャワーでクールダウンするときに、ちょうどよいのではないかと感じた。

クラシエのブランドサイトで、季節限定商品の発売が告知されていた。
www.naive-home.jp/news/index.html#news20170410-2

昨年も販売していたそうだが、気づかず、今回が初めての購入である。


 ナイーブ冷凍みかん
クラシエ 「季節限定」ナイーブ冷凍みかん


続きを読む

テーマ : 入浴剤
ジャンル : ヘルス・ダイエット

隣で住宅建設が再開したので騒音対策の耳栓を購入した

個人事業主の開業届を税務署に出したとき、所在地は自宅にした。
どこかに事務所を借りて、翻訳専用PCを置いて、日常生活と区別した方がよいのかもしれないが、開業資金がほとんどなかったので仕方がない。
勤務先の医薬メーカー子会社が解散したとき、子会社直接雇用の私の契約では退職金がなかったので、特例も設けられず、1円ももらえなかった。
本体採用の出向社員であれば、割増退職金を含めて数千万円をもらえたから、それを開業資金として事務所の賃貸も、最新PCの購入もできただろう。

自宅で作業するメリットもあるのだが、繁忙期には夜遅くまで作業してしまい、やはり日常生活との区別がはっきりしないことが問題かもしれない。

これから約2か月間、自宅作業のデメリットを感じることになるかもしれない。
それは、隣の一戸建て新築工事が再開して、騒音の問題が発生するからだ。

その対策として、ドラッグストアで売っている弾性ポリウレタン製の耳栓を使うことにした。
株式会社BMCのメテオ2ペア、税込513円である。
www.bmc-natural.com/mimisen.html

昨年12月に基礎工事が始まったとき、一日のうち1時間くらいだったが、騒音と振動が気になった。
このときは、音が大きいときは休憩時間にしたり、買い物に出かけていたので、特に対策はしなかった。
2月中旬から足場を組んだりしていて、今週から建築が本格的に再開したため、一日中騒音がする可能性が高くなったということで、イライラする前に購入を決めた。

耳栓をしてみると、全く聞こえないということではなく、不快な高音部がカットされるということで、集中しやすくなる。
工事の騒音対策のつもりだったが、他にも、食洗機の作動音や、PCの冷却ファンの音がカットされることも、集中力アップに貢献するかもしれない。

騒音の対策はできたものの、もう1つ気になることがある。

続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

教会でもプロジェクタ投影で苦労すると思わなかった

会社員のとき、社内報の編集委員もしていて、ノートPCを回線に接続するテレビ会議を利用していたので、所属部門でも担当者となった。
システムの説明会には私が出席して、その後の報告会などの場を利用して、所属部員全員がテレビ会議の回線設定などができるようにするはずだった。
しかし、デジタルデバイドという問題は、一民間会社でも顕著であり、PC画面の映像がプロジェクタで投影できないなど、トラブルが多発した。
その都度、担当者の私が設定を手伝ったのだが、そのうち、なし崩し的に、私が専任のようになってしまった。

会社が消滅し、翻訳業として独立してからは、個人で使うPCだけ管理すればよいので気楽になったが、今度は毎日曜日に通っている教会で似たような問題に遭遇している。

教会は宗教法人なので、運営のための体制が決まっているのだが、PCの管理など、誰が責任者なのかあいまいなこともある。
会報や案内状などを作成したり、ホームページの管理に使っている共通デスクトップPCでは、各利用者が勝手にフォルダを作ってしまうし、保管期限のルールもないので、取り扱いに困ることもある。

それで、「利用ルールを作って、古いファイルは定期的に削除しよう」などと提案した場合、「ではあなたが担当してください」と言われてしまうので、誰も言い出さない。
会社員の会員は、日曜日にしか来ないため、平日に何かトラブルが発生しても対応できない。
そのため担当を断ることになるのだが、教会の奉仕に協力的ではないという印象を持たれてしまう恐れがある。
奉仕では本来、日常生活に影響しない無理のない範囲で、自分の特技を活かせばよいはずだが、教会の運営への貢献度を評価する人がいると、人間関係が気まずくなり、教会に来なくなってしまう人もいる。

教会では、私は行事関係の委員をしているため、会合でスクリーンに投影したいとなれば、ノートPCとプロジェクタを準備することになる。
ただし、これまでは、行事の責任者が自身のノートPCを持参することが多かったので、教会の共通ノートPCを使って、私が最初から準備するのは今回が最初だ。

この共通ノートPCとプロジェクタとの相性が悪いことは、夏の行事のときに感じていたのだが、そのときは行事の責任者が対応していたので、その疑問点を解決しようとはしていなかった。
PowerPoint のスライドを投影すると、PC画面で見たときの、約90%の範囲しか映っていない。
つまり、周囲が欠けているのだ。
その時は、テキストボックスの位置などを変更して対応したのだが、その時点で解決しておけば、今回もスムーズに事は運んだかもしれない。

続きを読む

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR